プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日のうつぼファイナルワンマンレポです。
18時半過ぎに真昼入り。コサックさん関係者と思われます家族連れ、
特に小さいお子さんがちょこちょこ居られまして、
かと言って特にモン(自粛)のような感じはまったく見受けられず、


真昼史上かつてないくらいのレベルでのアットホームでハートフルな雰囲気でして、
忘れる事の無い時間がこれから始まるんだという気にさせられました。

って事で感想に参りましょう。

ラスト音源の『おもうつぼ』中心で今迄の代表曲も混ぜたセトリだったと記憶してます。
アンコール1曲目、弾き語りをする前に、
最前列に居られましたコサックさんご自身の娘さんが(具体的な記述は控えますが)おもちゃを離そうとしなったのに対して、
あえて取りあげようとしなかった、その際に言われた言葉が、
『これで取り上げたらXXX(具体的な記述はこちらも自粛します)みたいだから…』
ってのが印象に残ってます。
そして弾き語りでの際にコサックさんが泣きながら歌っていたのが
同じく印象的でした。音楽の世界では名を成せなかったけど、
これからは家庭を守りつつ自然と一緒に生きていくんだと言う決意みたいなものが感じられました。
これ以外でもコサックさんの生き方をそのまま示すようなステージだったと思います。


開演中とその前前後していろちがい坂田さん、てっぺいさん、阿部さん、菊井さん、ジョニーさん、
そして開演前にはたけいさんと、主立った方々には挨拶出来ましたが、
当のコサックさんは開演前そして終演後も沢山の方々に囲まれていたので、
私さとう自身の帰路の都合もあり挨拶は断念し、
ベース宮田さんによろしくお伝え下さいと伝えまして、真昼を後にしまして、


新宿三丁目、赤坂見附経由で京橋から徒歩で八重洲BTに向かい
高速バスの人となり何度目かの都心遠征幕となりました。





私の場合はうつぼを知ってからだいたい7年でした。
こういう形での別れも何度か見届けてきましたが、
うつぼに関わった方々と、コサックさんのこれからに、たくさんの幸せがありますようあらためて願い、
この記事の保存ボタンを押させて頂きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ