プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座正面玄関
ぷにケ前日、
歌舞伎座での芸術祭10月大歌舞伎昼の部に行って来ました。
今回昼の部の目玉は、『恋飛脚大和往来・封印切・新口村』でして、
まずその封印切(ふういんきり)から。
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『恋飛脚大和往来・封印切』
豪農の子として育てられたが故に、分別付かず自滅する若者の悲劇
(悪く言うと自業自得ですが。)を中心に描いたものです。
近松門左衛門原作の文楽『冥土の飛脚』を歌舞伎に改作したものです。

あらすじはこんな感じですが、クライマックスとなる『封印切』の場面では
そこに至る経緯に文楽と歌舞伎ではかなりの違いがあります。
原作『冥土の飛脚』では八右衛門は忠兵衛の親友で、
手付金も忠兵衛が八右衛門に渡すはずの為替金を使い込むというある意味
裏切りの行為から始まり、八右衛門はそれを許してさらに忠兵衛に
遊郭通いをやめるように諭し、さらに馴染みの傾城が居る遊郭にも
忠兵衛の窮状を説明し、愛想尽かしをして遊郭に寄せ付けないように説明するも
それを立ち聞きした忠兵衛が面子を潰されたとして逆上し、
武家屋敷に届けるはずの公金の封印を切ってしまい、
その金で馴染みの傾城梅川を身請けし、死出の旅路へと向かう、
この展開もある意味現在でも通用する流れですが、
(文楽では上記設定のまま演じられています)
歌舞伎にアレンジされる際、
八右衛門は忠兵衛の悪友かつ、梅川を狙う恋敵となります。
八右衛門の挑発に乗ってしまう形で忠兵衛が封印を切ってしまう形になりますが、
こっちの方が設定的には分かりやすく、
舞台的にも感情移入しやすくなるのでしょうかね。


今風に言えばついカッとなって、公金に手を出してしまった忠兵衛、
次幕はその死出の逃避行の果て、
忠兵衛の故郷新口村での話となります。

新口村(にのくちむら)
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『恋飛脚大和往来・新口村』
あらすじはこんな感じですが、忠兵衛の実父孫右衛門の
養子先亀屋への義理から早く自主して欲しいという思いと
親としての出来うる事ならば生き延びて欲しいという思いの交錯に
今の世に『義理』はどれだけあるか?
どれだけ生き残っているか?
という思いを禁じずにはいられませんでした。

忠兵衛に扮したのは当たり役のひとつである藤十郎丈
流石に設定上の20代の若者に見えるかというのは難しかったかもしれませんが、
少なくとも歌舞伎の世界の中では若者になっていたように思えました。

あとは、孫右衛門に扮した我當丈、父である13代目仁左衛門の教え、
『無駄に力を入れずにわざとらしくなく、自然体に』をそのまま実践しているのが
3階席からも感じられました。

それ以外の演目についても軽めに。

赤い陣羽織(あかいじんばおり)
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『赤い陣羽織』
木下順二の民話劇を元にした喜劇で、あらすじはこんな感じでしたが、
お代官の奥方に扮した吉弥丈の恐妻ぶりが印象に残りました。

羽衣
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『羽衣』
羽衣伝説を舞踊劇化したものですが、
新たに能のエッセンスも取り入れたものとの事で、
天女に扮した玉三郎丈の『美』へのこだわりを
見る事が出来たような気がします。
昼の部を見終えた私は、
そのまま新木場1STリングでの666ハロウィン興行に向かいましたが…
これにつきましては次項と言う事で…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。