プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座正面より
ぷにケ後、再度歌舞伎座に向かい、
芸術祭10月大歌舞伎夜の部を見てきました。

怪談 牡丹燈籠(かいだん ぼたんどうろう)
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『怪談 牡丹燈籠』その1
仁左衛門丈玉三郎丈が十八年ぶりに上演する話題作でして、
当然期待してましたが、やはりのこの二人の実力は抜きん出てました。
あらすじはこんな感じでしたが、仁左玉扮する伴蔵お峰の夫婦ぶりは流石でした。
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『怪談 牡丹燈籠』その2
ラストは原作では源次郎とお国同様に『自滅』という形に、
お峰を手にかけた伴蔵は辛土手の川の中から延びてくる白い手のようなものに
引きずり込まれてしまい、『業』の報いを受けるという終わり方でしたが、
今回はお峰を手にかけた伴蔵ははっと我に返ると、
変わり果てたお峰の姿を見て自分の業の深さに号泣する、
(霊に取り付かれてお峰をてに掛けてしまった)と言う終わり方でした。

おそらく、主演クラスの役者さんのうち誰かが
演出を変えたのでは無いのかなと思います。
特に『美しさ』というものに対しての独特のこだわりを持つ
玉三郎丈かな…、などと考えてます。

若い頃から名コンビとして鳴らした仁左衛門丈、玉三郎丈、
今、共に円熟の時期を迎えつつある二人を
生で見れたのは今後の自分の財産になると思います。

そりゃ若い頃の二人の業平小町とかは見たく無かったかと
言われれば嘘になりますが…。

去年歌舞伎座で6月の仁左衛門丈、
7月の玉三郎丈の姿にそれぞれ深い感銘を受け、
歌舞伎にさらにのめりこむきっかけともなったのですが、
それについては後日また改めて述べさせて頂きます。

夜の部もうひとつの演目についても軽めに。
奴道成寺(やっこどうじょうじ)
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『奴道成寺』
あらすじはこんな感じですが、坂東三津五郎家の家の芸との事で
三津五郎丈の軽快かつ巧みな踊りが印象に残りました。
今回は周囲の諸化役が亀鶴丈を筆頭に皆若い役者ばかりで、
経験を積まそうとの三津五郎丈の思い入れなんでしょうかね…。

機会あれば『喜撰』なども生で見てみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ