プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
cocorotronミニライブ前日、
緒形拳さんのひとり芝居、白野を観て来ました。
これは緒形拳さんの師にあたる島田正吾丈辰巳柳太郎丈
そしてその2人の師であり、
新国劇創設者の澤田正二郎丈の当たり役であった『白野弁十郎』、
これはシラノ・ド・ベルジュラックを新国劇が日本の設定に置き換えたもので、
これを島田正吾丈がひとり芝居として新たに創作したものを、
去年と、今年、緒形拳さんが師匠島田正吾丈の設定に
独自の工夫を加えて上演するものです。

という事で、BUNKAMURA地下一階、ザミュージアム特設小劇場、
青蛙堂(せいあどう)へ。BUNKAMURA、
去年から通っているのに実は初めての地下一階でした。

さてさて、特設会場は既に会場前で大賑わい、
特設小劇場青蛙堂(せいあどう)前設置ポスター

開場には関係者から緒形さんへの花も沢山並んでました。
関係各所から贈られた花の数々
『主君である上杉謙信公』からも
公式でもふれられていた通り、
緒形さんが1人5役(白野弁十郎・千種・来栖生馬・朱雀隊士おおぜい・小料理屋主人)
を演じましたが、それに加え、場面毎の事前説明朗読も自らで行い、実質6役でした。
あらすじはこんな感じですが、
最後の最後まで千種への恋心を隠し続け、
愛と義と情に生きた白野の姿を見る事が出来ました。
主人公白野が最後の力をふり絞って立ち上がって、

『こんな俺でも譲れないものがある、それは男の心意気!』

そう叫んだ後、力尽き終焉を迎えた白野に、
枯葉が舞い降りて幕になる流れは、魂を揺り動かされました。
最前列の男性の方はラスト時泣いていましたし。

ただ媚びるだけではない、一途な男の恋心を描くって事は
最近はとても難しいですし、
一般メディアにそれを求める事自体無駄だと考えてます。
ないものねだりをしてはいけないですね。
そういうものは『王子様とお姫様』の話だけしていればいいでしょう。

けど、こうやって自分の手足を使って探せばこういう話を、
世界を見つける事は出来ますし、
こう言った世界を詠った物語が洋の東西を、時代を超えて
語り継がれて来ている事に意味と意義があると思います。

自分もなのはを想うユーノを書き続けている現状、
こう言った『男の恋心』の描く系譜に加われたら、
いや、加わってみたいと思いました。
さて、その日は観終えた後…、 東京メトロ某線沿線在住の友人と合流、久しぶりに宴席を設けましたが、
友人があまりと言いますか、殆ど酒を飲めないのにも関わらず、
ビールと芋焼酎1杯づつ、さらに焼酎2合瓶一人で飲みきってしまいました。

フラフラでしたが何とか体調も崩さず友人宅に帰りました。
が、翌日二日酔い(頭痛)に襲われたのは言うまでもありません。

去年今年と友人・先輩達の酒席では『話す』事に重点が置かれていたので、
『飲む』事に集中したのは久しぶりかも。
cocorotron橋口さんの日記でもありました、
木次さんと関根さんもそうですが、
これから色々ある季節ですので皆さん気をつけましょう。

二束三文のグダグダ猿芝居に巻き込まれたりなどなど、
不味い酒も飲まねばならぬ方も居るでしょうし…。

そんな時は心の中で声無き叫びをあげましょう。
『こんな俺でも譲れないものがある、それは男の心意気!』
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ