プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
12月大歌舞伎昼の部に行って来ました。
元々予定に入れてなかったんですが、配役と演目が気になって、
気が付けば先月チケ争奪戦に参戦し、
そして先週日曜歌舞伎座に昼夜連戦となりました。

あらすじはこんな感じですがざっと感想を。

鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『鎌倉三代記』

鎌倉時代と設定していますが、実際は大坂夏の陣をモチーフにしたもので、
北條時政は徳川家康、佐々木高綱は真田幸村、
三浦之助義村は木村重成、時姫は千姫を暗示しています。

この演目は一度『太平兜飾』として上演されるも台詞等が
あまりに露骨だったなどの理由で幕府に一度上演を禁じられています。
イヤホンガイドによると佐々木高綱が北条時政に向かい、
『この狸親父め』と罵るシーンもあったとか。
上演禁止から10数年の年月を経て、
『鎌倉三代記』として新たに生まれ変わった訳です。

この役目では三姫のひとり時姫の恋に燃え、恋する三浦之助には
夫婦になりたければ親(北条時政)を討て迫られ、その葛藤と、
親を裏切る決心をするまでのくだりが注目でした。
時姫に扮した福助丈
父芝翫丈と、やはり大叔父である大成駒から受け継いだであろう
所作は完璧でしたが、少々声がかすれていたのが気にかかりました。
福助丈公式サイトによれば何やら体調不良との事でして、
こればかりは致し方ないかなと思いました。
大詰めの高綱が井戸から現れ時政を討つべく気勢をあげる場面の
高綱の衣装が白眉でした。
荒事風の衣装ですが、赤い緞子に真田の六連銭ならぬ六文銭という
江戸時代当時の検閲コードギリギリの衣装だった事です。
今の時代に続く『暗黙の了解』のひとつだったと言う事でしょうか。

そしてお目当てのこの演目。

信濃路紅葉鬼揃(しなのじもみじのおにぞろい)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『信濃路紅葉鬼揃』 

『鬼揃紅葉狩』をさらに能の色合いを濃くして再構成し、
題名も変わったこの演目、上臈と侍女達実は全て鬼女全員の動きが
能の色合いを強調したものとなっており、
上臈実は鬼女に扮した玉三郎丈の『美しさ』へのこだわりを感じました。

今年7月に観た『お気に召すまま』の筋書きでゲストコラムを寄せた亀治郎丈
『女形とは男でも女でもない違う生き物』と評してましたが、
玉三郎丈は『美しさ』を常に追い求め続け『女形』のはるか先にあるところへ既に辿り着き、
またその先にあるところへ辿り着くべく、
常に進み続けているのかなと思いました。

信濃路紅葉鬼揃終演後、ここで葛きりを頂きました。
歌舞伎座で頂く葛きり

昼の部ではいつも2階の茶店で頂いてまして、
葛きりはここでしか食べないので結構楽しみにしてます。
水天宮利生深川(すいてんぐうめぐみのふかがわ)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『水天宮利生深川』

父である先代の当たり役船津幸兵衛に挑んだ当代勘三郎丈
4月の魚屋宗五郎でも感じましたが、
作品の世界観を維持しつつ、
当代の色に染め上げてしまうのは流石かなと思います。

ラストの演出も原作をアレンジしてまして、
貧困と悲運にさいなまれ狂いだし入水を図るも奇跡的に助かった幸兵衛が
周囲の人々の温かい人情と水天宮のご利益に感謝する最中
娘お雪の目が見えるようになって幕切れとなりますが、
当代勘三郎丈はこのシーンでで劇中借金取りに現れた
金貸金兵衛とその代言人(当時の弁護士のようなもの)茂栗安蔵の
悪事が露見し御縄と成り、
幸兵衛には剣術道場主萩原正作妻おむらをはじめとした裕福層に
施しを受けて勧善懲悪のハッピーエンドになる、という幕切れでした。
大ラスの台詞が『これで来年はいい年に…』となって幕切れになりました。
筋書きでも勘三郎丈及び特集を組んだ某氏の言わんとしたところは
充分受け止められました。これ自体はとても良かったんですが、
昼夜通しで観る分には色々と後で後味が悪くなった点に繋がりました。

その点については次回に…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


歌舞伎 を一語で検索


歌舞伎での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ