プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
初日の浅草公会堂

初日という事で振る舞い酒もありました。

先週ですが、新春浅草歌舞伎浅草公会堂初日第一部に行ってきました。
ロビー2階には出演者への花束もありました。

初めての浅草歌舞伎でしたが、客層の殆どを女性で占めていました。
TVでもなじみの深い若い役者中心での興行というのもあったと思いますが、
客層からしてリアル女性週刊誌状態かもしれません。

挨拶は獅童丈やや自虐も混じったネタで客席を沸かせてましたが、
最前列のやや年配の女性の方に散々いじられてました。
獅童丈が花道に向かった際に、その女性も花道下へ…。
そして獅童丈の袴の乱れを直していました。
これには客席もまた湧き上がる状況、まさに女性週刊誌状態となった訳です。

それでは演目の紹介へ。
浅草公会堂正面入口演目案内浮世絵より『傾城反魂香・土佐将監閑居の場』

傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の場

あらすじはこんな感じでしたが、
初めて見る演目でしたが、亀治郎丈のおとくの存在が舞台の雰囲気を
ピリっと引き締めたものにしていたように思えました。

浅草公会堂正面入口演目案内浮世絵より『弁天娘女男白浪』 

弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
あらすじはこんな感じでしたが、
演目自体は一昨年新橋演舞場で菊之助丈主演で見てましたが、
七之助丈扮する中村屋版弁天小僧も味があると思います。
南郷力丸に扮した獅童丈、一部一般紙の劇評では未だ厳しい評価もありましたが
どん底だった一昨年に比べれば良化していると思いました。

歌舞伎役者は舞台に立ってナンボですから、来月の博多でも
奮闘期待したいと思います。

第一部第二部ともに
知名度が高く、なおかつ歌舞伎入門的な演目が揃っています。
ましてやテレビでお馴染みの若手歌舞伎役者の『今』を、ライブで観る醍醐味。
当日券もありますので、千秋楽まであと2週間ありますので
首都圏近郊在住の方も浅草へ足を運んで頂ければと思います。

さて、この後は神田明神へ初詣を済ませてから、
2日とは言え、大混雑でした。

cocorotronミニライブ@お台場へ向かいましたが、これについては次項で…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ