プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
2008年3月大歌舞伎筋書表紙 

さて、演舞場から歩いて歌舞伎座へ。
これもあくる日偶然3階最前列が入手出来たので即座に手配、
夜の部の客席に陣取る事になりました。
それでは演目紹介と感想を。

一.御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『御存 鈴ヶ森』 

江戸時代の色悪系白井権八と暗黒街町奴のボス幡随院長兵衛が
権八の雲助達相手の大立ち回りと、それを見届けていた
幡随院長兵衛の名台詞『お若けぇの、お待ちなせぇ』から、
白井権八と幡随院長兵衛の黄金タッグ結成となるお話。
立ち回りのコミカルチックで結構リアルな内容に笑いつつ、
ふたりの人間国宝、芝翫丈と富十郎丈の絶妙のコンビネーションに魅了され、
大南北がこの話を作ったであろう、
江戸時代文化文政期のやや退廃していたらしい世相に思いを巡らせていました。

二、坂田藤十郎喜寿記念
  京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『京鹿子娘道成寺』  

藤十郎丈の白拍子花子、外見はどう見ても『逆方向の都合上18歳』再びと言った感じでしたが、
舞踊が始まってからのキレのいい動きに目から鱗が落ちました。
1時間近く1人で踊り続けるのにその動きはペースが落ちる事も無く、
観客の視線を独り占めにしていたように思えました。
どうみても77歳の動きではありません。
藤十郎丈の『一生青春』の言葉に嘘偽りはありませんね。
今後も進化し続ける藤十郎丈に注目していきたいです。

あと、『舞尽くし』の虎之助丈も場内の大喝采を受けていた事も付け加えておきます。

三、江戸育お祭佐七(えどそだちおまつりさしちり)
  劇中劇 仮名手本忠臣蔵・浄瑠璃「道行旅路の花聟」
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『江戸育お祭佐七』


感想記サイト、ブログでも評価が分かれた作品、私も正直後味悪く感じました。
って言いますか人情喜劇っぽいタイトルとは270度違いました。
ドロドロ劇でも無いように思えましたが…。
あらすじはこんな感じでした。
そしてその結末はと言いますと…。 倉田伴平とおてつは小糸が佐七の親の仇である加賀藩士の娘であると小糸を騙し、
そのために小糸は佐七と添い遂げられない運命を嘆いて別れを決意する。
そこへ小糸逢いたさにやってきた佐七に小糸は証明となる臍緒の書を差し出すが、
佐七は小糸が別れたいばかりに作り話をするのだろうと怒り出し、
間に入った伴平たちに表へ突き出されてしまう。
その意趣返しに柳原土手で小糸を待ち受けた佐七は、
小糸を出刃包丁でメッタ刺し…、ついに小糸を殺めてしまいます。
佐七が自ら手にかけ亡骸となった小糸を踏みつける有様を観て、
『く、狂ってる…、キチ×イだ…。』私は心の中で呟いてました。
虫の息の小糸が読んでくれと渡した書置きを読んで自分の誤解に気づきますが、
小糸の書き置きを見て自らの過ちに気付いた時の『堪忍してくれ』という台詞も、
本当に人を殺めた自覚があるようには思えなかったです。
これでは江戸っ子などでは無くて、
頭の固く尊大な正義感が好きそうな人がここぞとばかりに叩く、
昨今の『キレる若者』そのものでは無いかと思いました。
そしてさらに小糸を追ってきた倉田伴平まで仕留めて終幕という
トンでも結末でした。江戸時代のヤンデレ狂劇かよ!って感じでした。
菊五郎丈、時蔵丈をはじめとした役者陣の演じぶりは全く問題が無かったので尚更そう思いました。

これだったら設定を江戸時代にして『スクイズ』を歌舞伎化してもいいのでは?
と本気で考えながら歌舞伎座を後にして、今回もありの先生宅に向かいました。

歌舞伎座売店で買う佃宝の佃煮ときゅうりのこんにゃく巻きが焼酎の良き友となるようです。

さて、翌日はHARUコミや去年世話になった親友の新たなる旅立ちを見送ったりなど
色々見て回って歩いてきましたが土曜も含めた単独飛行ならぬ単独歩行
いや独行歩記(こうかいて『ひとりあるき』と読んで頂ければと)については次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。