プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
帝国劇場入口

さて、先月サンクリの前日、ラ・マンチャの男を観に帝国劇場に行って来ました。
帝国劇場入口大型看板

当代松本幸四郎丈が今回上演1100回を果たした事でも話題になりましたが、
この機会を逃すまいとプレオーダーに申し込み見事突破?してA席にて
その一部始終を見届ける事が出来ました。

あらすじはこんな感じですが、

松たか子丈の存在感は際だってました。役者として貫禄充分でしたね。
紫式部のエピソードのひとつ、
式部の父が『男として生まれたら…』と言うのを何故か思い出してました。
女弁慶?なんて…。

名台詞も聞き逃さず見届けました。
『人生自体が気狂いじみているとしたら、一体本当の狂気とは何だ本当の狂気とは。
夢に溺れてしまって現実をみないものも狂気かも知れぬ。
現実のみを追って夢をもたぬのも狂気かもしれぬ。だが一番憎むべき狂気とは、
あるがままの人生にただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿の為に戦わない事だ。』

自分の中の「あるべき姿」とは何か?それについて考えさせられました。

あと、3度目のカーテンコールで幸四郎丈ただひとりステージ上に残り、
『見果てぬ夢』を英語歌詞にて独唱した事です。
リンク先にもありますが、歌詞は印象に残りますね。
『夢は稔り難く敵は多数(あまた)なりとも
胸に悲しみを秘めて我は勇みて行かん』
ラ・マンチャの男 筋書き表紙

筋書きパンフレットにはこの芝居を勧めてくれた幸四郎丈の父初代松本白鸚丈への感謝と
当代幸四郎丈の染五郎時代のニューヨーク公演時の父からの手紙のエピソードが記されており、
役者、表現者として時を超えて受け継がれて行く『ちから』を感じました。

終演後はそのまま飯田橋ラムラに向かいましたが、それについては次項で…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。