プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
ユノなの魂シリーズ最終話、とりあえず完成しました。
これから夏コミ合わせの番外編の作成に入ります。
今週末は家であれこれやることがありますので籠もっているようにします。

先週金曜ですが、勤務先も休みだったので下北沢GARAGEに行って来ました。

今回は17時過ぎに上野に到着して新宿経由で18時前に下北沢に着き、
下北界隈で先に夕食を済ませてからGARAGEに向かいました。

会場入りは18時半5分くらい過ぎたあたりだったでしょうか。
金曜夜、今回も平日でしたがほぼ満員で盛況でした。
既にトップバッターの三日月の詩が演奏を開始してました。
三日月の詩 ヴォーカル遠藤学さんその1

VOの遠藤学さん、DDTの男色ディーノ選手に顔が似てるかも…。

セットリストはうろ覚えですがこんな感じです。
八月少女
名前のない夜
戦争の詩
あと2.3曲演奏したように思います。
独特の世界、小宇宙がステージ上で展開してました。

演奏に合わせて歌うというよりは詩を語り、
時にはそれを体全体で表現する、そのように思えました。
VO遠藤さんはMCで、「生きることの意味をうたいたい。」
また、「この世は愛する人と愛される人に分かれる。僕は愛する人でありたい。」
など語っていたように思います。

2番目はmomo。
VOの高橋勝さん率いる4人バンド、
ヴォーカル高橋勝さん

ドラム烏山亮さん

BASS小原明さん

ギター折井正光さん

セットリストは覚えてる限りでこんな感じだったような…。

さよならガール
"GO BACK TO CHILD"
STABSONG
あと2.3曲演奏したように思います。

高橋さんの透明感のあるヴォーカルと、
それを支える軽快感のあるポップサウンド、これも個人的に当たりでした。
日記にあるひとことが印象に残りました。
『人は一人では生きていけない。それはそうだけど、僕は多くの人を求める気もない。
僕の手で抱えられるだけの大事な誰かと音楽があればそれだけで良い。 』
演奏終了後、シングル"ハローハロー/stab song"を購入。

3番目のバンドはライトライブ

演奏した曲で覚えてるのは、『当たり前の奇跡』だけでして、
申し訳ありません。

演奏間のトークで印象に残っているのは
ギター小山将平さんのお祖父さんの話でしたが、
全般的にスベリまくってましたが、逆にそれが良いように思えました。
あとメンバー日記
ありましたアンケートのアレ、書いたの私です。
でもまぁpsalmのmorimatsuさんやDDTの飯伏選手みたいに
ある意味それを売りにしてる方も居ますので
これも良い意味でのスベリ方と思えましたが…。

そしてトリはcocorotron
BASS中島さん

VO橋口さんと後ろドラム木次さん

セットリストは下記の通りです。(演奏終了後中島さんに確認)

1.新曲(題名未定・雨の音?←中島さん談)
2.新曲(題名未定・月と鏡?←中島さん談)
3.シャッターチャンス
4.春
5.ご飯の歌
5、君が僕の家に来る

橋口さんがバイト先でのエピソードを語られまして、
詳細は略しますが、あんな胡散臭い回答されてボツ扱いにしたのは
至極当然ですが、私だったらその場で相手をこんな風にしてます!?
あと、結婚式のスライドショーみたいなバンドを目指したいとも言ってました。
フライヤーにありました来月の月見ル君想フも行けそうなので楽しみです。

演奏前橋口さん、演奏後に中島さんにご挨拶して下北沢を後にして、
新宿池袋経由でありの先生宅に向かいました。
今回はcocorotron前の3バンドとも全て『当たり』でして、出演3バンド
今後とも自分なりの視点で追いかけていこうと思います。
あと、cocorotron中島さんの日記にもありましたがPVの話も出て来てるようで、
これも期待しています。あと2枚目のCDの話も期待して待ってみます。

さて、ありの先生には今回予告してた通り木下醸造所の『文蔵』を持参。
あまりの呑みやすさに少々ヤバさを感じながら、その夜は更けていきました。

あと先週土曜深夜、上野界隈での徹カラにて
フロウズンの「ひとつ」を歌ってみましたが、
裏声に逃げてしまってもう少し上手く歌えたはずと後悔しています。
捲土重来を期したいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ