プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
前項の続きです。溝の口経由で川崎へ。
川崎駅のコインロッカーがなかなか空かないのでヒヤヒヤもんでしたが、
16時45分頃に中型ロッカーが空き始め、
そこに大型バックを詰め込んでいざラゾーナ→5Fプラザソルへ!
ラゾーナ川崎2F広場付近
今日はいつもよりもお客さん少なめ。
2週連続というのもあったかもしれません。
(私、先週は関西・備州遠征の為不参戦でした。)
定番となっている『東へゆく』
いつもの如くイケダタクヤさんのエレキ弾き語り『東へゆく』からスタート。
選手挨拶の後、今回負傷欠場と成ったフジタ“jr”ハヤト選手からも欠場挨拶。
ハヤト選手、万全な形での復帰を希望します。
かなり沈痛な表情での挨拶となりました。
この後のバチバチのスケジュール、去年同様に年末がタッグトーナメントになると
念願の大ちゃんとのシングル実現が遠のいてしまうようですし、
何よりハヤト選手はみちプロ所属ですのでスケジュール調整もありますからね…。
ですが、チャンスはまだありますので万全を期して捲土重来を期待したいです。

■第1試合
佐々木恭介(14分52秒 腕固め)×石川修司
佐々木対石川戦、試合開始前
佐々木対石川戦より
佐々木選手、負傷している修司さんの右腕攻めに徹し、
ようやくバチバチでの連敗脱出。
第一試合から熱い!

■第2試合
澤宗紀(7分46秒 ※伊良部パンチ→TKO)×小幡優作
澤対小幡 試合前
澤対小幡戦より
第2試合は終始小幡選手を子供扱いした澤選手の完勝でした。
澤選手試合後水道橋後楽園ホールに直行しこの日夜だけで2試合を行なったとの事ですが、
正直小幡選手はいい練習台にされてしまったように思えました。
小幡選手、今回は代役登板だったから致し方ないにせよ、
バチバチを続けて行く気であれば今後奮起しないとまずいのではと思います。
■第3試合
○小野武志(14分30秒 タコ絡み→TKO)×木村浩一郎
小野さんの入場時使用のパーカー欲しい…。
小野対木村 試合前より
小野対木村戦より
第3試合、これも大熱戦でした。
息つく暇もない攻防戦、
木村さんが卍固めの亜流であるタコ絡みをツームストンで返したりと
観客の度肝を抜く展開でしたが、バックブローからタコ絡みに持って行って
執念のTKO(レフェリーストップ)勝ち。
終了後は互いに健闘をたたえ合った両者。
木村さんの優しい笑顔が印象に残りました。
共に退場時は観客からも喝采を浴びてましたね…。

■第4試合
長井満也(16分43秒 陸牙→KO)×原学
長井対原 その1
長井対原 その2
去年11月以来の再戦となりましたが、
今回はグラウンド主体の序盤から打撃戦になる展開。
学さん、終盤の猛攻に耐え何度か反撃もしていましたが、
長井さん版ランニングニーである陸牙でついに10カウントを聞く事に。
前回対戦時同様互いに正座して健闘をたたえ合ってました。

■最終試合 YGB2008トーナメント決勝戦
池田大輔(11分30秒※顔面蹴り2連発→TKO)×大場貴弘
大ちゃん入場時より
大場選手入場
大場選手のセコンドには小野さんが。
池田対大場戦より

メインもあらゆる意味で極限の戦いでした。
最後には地力の差が出たかも知れません。
終了後はバト時代から続くトロフィーを受け取って
「ヤングになっちゃいました!」と、場内に優勝報告。
YJB優勝トロフィーを手にした大ちゃん
そんな大ちゃんに小野さんが現れて次回での対戦をアピール。
大ちゃんがこれを受諾し大団円となりました。

前回よりも一本前の電車に乗れそうだったので一足先にプラザソルを出ましたが、
そこには外を眺める木村さんが。
「お疲れ様です」と挨拶をするとまたも優しく微笑んでました。
いやー、本当にカッコ良かったです。
あんな風になれたら…などと考えましたが即座に無理と悟りましたけどね。

今回も前回同様に上野20時発に間に合いました。
次回(9/28)も何とか都合付けてプラザソルに陣取りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

 

決勝は臼田・長井戦と比べてまだ追い詰められてなかったかなぁ。
大場はちょっと出直しか。

木村さんはちょっと印象変わりましたねw

原色様
ようこそいらっしゃいました。
以後もよしなに願う次第です。
確かに終盤の戦いぶりには両者かなりの差があったように思えました。
大ちゃん、バト社長、小野さんなど第一世代と比較して
修司さんに恭介さん、大場などの第二世代は
第一世代と色々と差が出ているように思えますので、
各々奮起を期待したいです。

今日の横浜は原稿の為断念しました。
行きたかったなぁ…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ