プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:本・読書
あらためまして夏コミ参加された皆様お疲れ様でした。
疲れ取れてない…。今週はずっとこんな感じですかね…。

さて、夏コミレポは後日あらためて書く事として、
『歌舞伎の愉しみ』表紙
坂東三津五郎歌舞伎の愉しみ
長谷部 浩

坂東三津五郎歌舞伎の愉しみ
岩波書店 2008-07
売り上げランキング : 9119

おすすめ平均 star
star歌舞伎好きの方にぜひ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1日目並んでいる時と、宿に帰ってから読んでまして
私的にはほぼ皆無と行って良いくらい速いペースで読破しました。
(歌舞伎座筋書き売り場で買ってから3日)

さて、ざっと感想を。

いわゆる『世話物』が生き残れるかについては、
やはり江戸時代が当たり前の記憶だった明治大正昭和初期と比較して
時代の変化でその事をリアルで知る人が徐々に居なくなってしまい、
また時代の変遷に伴う価値観の変化で、
話自体に上演する意義が無くなってしまう事もあるようでして、
『文七元結』など、今の時代にあったものを客層に浸透させて
生き残っていくようにしていくという事でした。

江戸時代についての知識がある事が前提である場合の事が多いので、
どこで予備知識を覚えてもらうか、
こんなエピソードやあんな裏話、それを知っていればもっと面白くなるのに、
というもどかしさが演じる側にもあるようでした。
自分のように歴史に興味がある人って言うのは大多数ではありませんし。

鶴谷南北の活躍した化政文化時代、退廃した様相は現代にも通じ、
四谷怪談で言えば人間のエゴと、盟三五大切では人間の偽善を、
共にこれほどまでに表した作風が印象に残っているとの事でした。

最終章の四方山話でのエピソードも興味がありました。
ファンレターで色々過去の役者と比較した技術論などを長々と述べたものもあるとか。
三津五郎丈も流石に対応に苦慮しているようで、そういうのはどうかと思いました。
(本の中ではもっと具体的に表現されてますが…。)

読み終えて思った事は私さとうが歌舞伎に対して抱いているイメージと、
歌舞伎が今抱えている問題についての危機感が、だいたい同じだったかな?
と言う事ではないかと思います。

他の歌舞伎役者さんもしている事ですが、
他流試合(TVドラマ・映画・小劇場大劇場などの舞台)で印象を残し、
歌舞伎座に客を呼び込む。
三津五郎丈の場合は最近で言うと大河ドラマ巧妙が辻での明智光秀、
昨今の解釈(狂気の覇王・信長の暴走を止めた『善人』としての)
に即した光秀が印象に残ってます。

私的には歌舞伎とは何かと問われれば
何でもあり、だけど根底に『江戸のこころ』が存在する、
それが歌舞伎なのではと思います。

チケットの売れ行きで分かる事ですが、
世間での人気がある役者さん主体の興行月と
そうでない時の差がかなり大きいので、
私自身も分かりそうな人に声をかけて一緒に観て、
それから一緒に話をする、
少しでも歌舞伎を観てくれる人を増やせればなぁと考えてます。
(私の場合、舞台絡みですと今年5月の蜷川演劇でありの先生と一緒だったのがありますが…。)

星の王子さま、あれを播磨屋(中村吉右衛門丈さん)が
主体で歌舞伎化出来ないかな…とか、
「スクイズ」も、設定をそのまま江戸時代に置き換えて
誠が海老蔵さんで、言葉が菊之助さん、世界が亀治郎さんだったら
どんなんだろうな、などと考えたりしてます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ