プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
最初のDVDプレーヤーを買った時、
真っ先に買ったDVDソフトが 宮本武蔵DVDBOXでした。
よって私にとっての錦兄ぃはイコール宮本武蔵かもしれません。











宮本武蔵 愛蔵BOX
宮本武蔵 愛蔵BOX 内田吐夢 萬屋錦之介 高倉健

東映 2003-03-21
売り上げランキング : 33734

おすすめ平均 star
star最高の武蔵!
star見る時はいつも青春
starすべての映画の中で最高かもしれない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

丁度その頃、乱ツインズで連載中だった名斬られ役福本清三氏の
自伝をベースに土山しげる氏が漫画化した作品の中で、
錦之助武蔵5部作4作目の『一乗寺の決闘』での撮影時の秘話が紹介された時、
見てみたいなぁ、という気持ちになり、つい買ってしまいました。
2万前後の出費でもありましたが、
買ってすぐ全部繰り返して5回ぐらい見続けたくらいだから
良かったかもしれません。
神がかり的な錦兄ぃとそして武蔵を巡る人々。
全てが魅力的でした。私の座右の銘のひとつでもある
『我、事において後悔せず』は先述の『一乗寺の決闘』の際の
武蔵の台詞から引用しています。
また、 付録で付いてきた解説書での入江若菜さんのコメントにも、
私の創作活動をする上でのヒントがあった事も付け加えておきます。
最近は昭和の時代劇映画もレンタルに出回るようになったので、
『関の弥太ッぺ』など他作品も観てみようと思っています。
後日、レンタル屋でこんなものがあったので全作借りてみましたが…。











それからの武蔵 DVD-BOX
それからの武蔵 DVD-BOX 萬屋錦之介 沢島正継 大洲斎

エスピーオー 2003-07-25
売り上げランキング : 82813

おすすめ平均 star
star錦之介だけ同じ・・・
star錦之介の武蔵、復活

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まるで『製作サイドで作った2次創作?』と言った感じで
個人的にはToHeart Remember my memories
同じスタンスで見てしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

錦之介版宮本武蔵の中では、やはり第4作「一乗寺の決闘」が白眉の出来でしたね。
想像するに、作り手側のモチベーションもこの時が最高潮に達していたのではないでしょうか。
このクライマックスシーンだけでも、今シリーズを見たかいがあります。

余談ですが、三船敏郎版宮本武蔵も機会があればぜひ見てみたいですね。

>ありの先生

確かに、あの『一乗寺の決闘』のシーンは
毎朝太陽の昇る僅かな時間の為に大勢のスタッフを待機させて作ったとの事で、
それだけのこだわりが実を結んだ映画界屈指の名シーンともなってますね。
またあの当時の初代錦之助丈は郊外ロケの際はロケ終了後バスごと祇園に向かい、
豪遊をしてたとの事で、一晩で4.5百万なんて事もザラだった、などと
今月の2代目襲名披露興行の筋書きにも書かれていました。
三船版武蔵では又八を三国連太郎が演じているようですし、
また三船版では佐々木小次郎を鶴田浩二が演じていたとの事で、
確かにこちらも機会あれば見てみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。