プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
って事で土曜夜から日曜昼にかけて、
重厚かつ正統派歌舞伎を堪能して来ました。
早速演目紹介に行きましょう。

一、近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)
  盛綱陣屋
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『盛綱陣屋』
盛綱陣屋は大坂の陣の真田一族(信幸・信繁(幸村)兄弟)のありようを
鎌倉時代の佐々木盛綱高綱兄弟に仮託したものですが、
親兄弟親戚同士が敵味方に分かれる悲劇に重点が置かれてました。
小三郎役の玉太郎丈の動きの良さが目に付きました。

二、干支に因みし戯れ絵の趣親子鷹
  鳥羽絵(とばえ)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『鳥羽絵』
富十郎丈、鷹之資丈の天王寺屋親子の息の合った舞踊でした。
鷹之資丈、ねずみだったんですね。
最初カンガルーかコアラに見えてしまいました。

三、天衣紛上野初花 河内山(こうちやま)
歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『河内山』

ゴロツキ茶坊主の河内山が上野寛永寺の高僧に化けて
大名屋敷に単身堂々乗り込み、
大名をゆすりたかりで脅して商家の娘を救いかつ大名家から大金を手に入れる
その前に商家からも娘を助けるからと言う事で前金100両を貰い、
後金100両を貰う事になっていると言うちゃっかりぶり。

以前紹介した三津五郎丈の本で述べられてましたが、
世間的にも有名なこの河内山が寛永寺高僧に化けた格好、
歌舞伎名作撰 天衣粉上野初花 河内山
中村吉右衛門, 中村梅玉

歌舞伎名作撰 天衣粉上野初花 河内山
NHKエンタープライズ 2004-07-23
売り上げランキング : 49601


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これはその前金100両でこしらえたものだと言う事を念頭に置くと
さらにこの話の本質に近付く事が出来る訳でして…。

娘を助ける算段を整えなおかつ大名家からもまんまと大金をせしめ、
松江候の屋敷から去ろうとした時、同じ悪党肌の北村大膳に
茶坊主と見破れてからの
『チクリたきゃチクれ、でもそんときゃ評定所でテメェんとこの馬鹿殿の事全部喋るぞ!』
(かなり口語訳かつ省略しています。)
とさらに脅した上でお馴染みの『悪に強気は善にもと』を啖呵を切る様には
場内も拍手喝采を送ってました。

今回松江候は染五郎丈、セクハラ馬鹿殿役も随分様になっていたように思えます。
今回は商家後家おまきに扮した吉之丞丈はじめ配役もバッチリでした。

今回歌舞伎座でショックな事、
それはきゅうりのこんにゃく巻き売ってませんてした。
って言いますか売場自体入れ替わってました…。
つーかアレが本当にいいおつまみなんですよ、焼酎の良き友だったのに…。
祈!復活!

でも銀座の熊本アンテナショップ銀座熊本館で馬肉の直火焼きと、
歌舞伎座内で何故かやっていた山形物産展 その1
歌舞伎座内で何故かやっていた山形物産展でキノコの和え物を買いまして、
歌舞伎座内で何故かやっていた山形物産展 その2
これで終演後ありの先生宅に向かった訳です。
木下醸造所 『茅葺』
茅葺、文蔵同様にクセも少なく、素直に味わえました。
先生宅へのお土産、秋がもう少し深まるまでの間は球磨焼酎を中心に
セレクトして行こうと思います。

さて翌日の事は次々項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。