プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
さて、夜はそのまま代々木ブーガルに移動、
会場入りが19時ちょこっと過ぎたあたりで、
お目当てのMILDSがバンドとしての演奏開始するところでした。
(後でタケハナショウタさんに聞いたところこの前に1曲弾き語りで歌っていたとの事です。電車乗り換えミス等で遅れてしまい申し訳ありません。)
VOタケハナショウタさんとマスコットのマイルくん
BASS .堀川康宏さん
Dr 平井幸富美さん
Gt 菊井健宗さん
Gt 菊井さんが写ってませんがこの日はステージの編成はこんな感じでした。

私が観はじめてからのセットリストは下記の通りです。

アンサー
フタリノハナシ
南浦和ブルース
花とダンス
1000キロ先

MCでのトークはこんな感じでした。
自分はトイレ風呂なしの部屋(代々木界隈)に住むリアル四丈半シンガー、
十年間使ってたベースを捨てて、
(実際はユウテラスをはじめとしてサポートとして継続中です。)
自分で歌う事に決めたのは二度と終わりにしない為です。
どんな事があっても自分はステージに立ち続ける、と。
タケハナさん、最近日記でも魂あふれる言葉の数々で注目してましたが、
『2度と終わりにしないために』の時はぐっと来るものがありました、

そして、『アンサー』も。
メロディから入って行けるのは自分では珍しい方で、
今のマイルズはこれだ!と言うキラーコンテンツになっている曲だと思います。
あまり急かしてしまうようでアレなのですが、
音源化が望ましいものだと思います。

って事で12/13も行く可能性大かなと思います。
『アンサー』、本当に良い曲ですのでだまされたと思って、
コミケカタログCDROM版買うついででも良いのです!
12/13の夜は代々木Bogalooへ!

さてその後の出演者紹介も…。
aereo
aereo VO canaさん

セットリストは覚えてる範囲で。

何度も何度も
やさしい雨の日曜日
恋をしている
今逢いに行こう
サニーデイズソング?
sax大井敬介さん
sax大井敬介さん、得も言われぬ存在感がありました。


次は木島裕さん
木島裕さん

10代後半まで民謡を学んでいたという異色シンガー、
あのエクザイルのオーディションにも
3次候補(11名)まで残ったと言う実力派で、
こういう形でブーガルで観れたのはラッキーでした。

セットリストは覚えてる限りですが下記の通りです。

サヨナラが言えなくても
ベターデイズ
プライド
STAY WITH ME
カラーオブソング

木島さんが作曲も初担当した曲である、
STAY WITH MEが印象に残りました。

既に他界している友人に捧げたとの事で、
実は私も今年6月に友人を亡くしていまして、
私も突然去ってしまった友人を思い出してまして、
当然心に響くものがありました。

先月、国立劇場歌舞伎公演で劇中の流しとして出演していた
新内節の新内仲三郎さんの三味線流しと歌唱が
江戸情緒たっぷり漂わせてたのを思い出しまして、
心に響くものは古今東西問わず時代を越えると考えてますので、
木島さんも時代を越えるものを創れるはずと思います。

ラストの鎌倉組
写真も撮らず演奏を観るのに集中してました。
って言いますか睡眠不足でかなり疲れてたってのもあったんですが…。

セットリストは下記の通りです。
(ボーカル小林未郁さんの日記より。)

1、篠笛~潜水艦
2、お迎えサンタ
3、かくれんぼ
4、幻想ノ花
5、月夜のクラゲ

また観てみたいバンドのひとつです。
終演後、タケハナショウタさんに挨拶し、
先月の私共の新刊2冊と黒木本店のたちばなを差し入れし、
ブーガルを後にしました。
後でタケハナさんの日記を見たら
鎌倉組ボーカル小林未郁さんに災難が降りかかったとの事で
早期解決を望む次第です。

さて、翌日も変則2連戦、サントリホール下北沢GARAGEとなりましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。