プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
さて、前々回の続きです。
川崎駅からラゾーナ川崎プラザソルに到着。
ラゾーナ川崎プラザソル入口付近
久しぶりに南席で参戦しました。
原色さんによりますと3周年記念興行より存在するとの事です。
壁上西側表示案内の上に白ダルマが…。
イケダタクヤさん、今回もアコギでした。
いつものように弟さんの『東へゆく』でスタート
今回は野橋選手がご挨拶
メインを控えるフジタ“Jr”ハヤト選手の姿も
それでは試合結果に行きましょう。
●第一試合
○佐々木 恭介(風天)VS ×ホワイト森山
11分54秒/スリーパーホールド
佐々木・森山戦 試合前
佐々木・森山戦より
森山選手、最後は力尽きましたが復帰初戦にしてはまずまずだったかも?

●第二試合

○原 学(BML)VS X野橋 真実(みちのくプロレス)
11分21秒/TKO(右ハイキック→レフェリーストップ)
原・野崎戦より
この日の当たりはコレ!でした。
原選手、あえてグラウンドで勝負もやはり優勢気味。
打撃と足関節で徐々に追い詰められる野橋選手
頭突きで猛反撃、ランニング対角線コーナーヘッドバット、
顔面狙いのトップロープミサイルキックなどあと一歩まで追い詰めましたが、
原選手のハイキックでレフリーストップ。
私的にも野橋選手、ここまでの選手とは思ってませんでしたし、
場内も大喝采で野橋選手を称えていました。

●第三試合
○長井 満也(ドラディション) VS ×木村 浩一郎(フリー)
10分31秒/長井ロック
長井・木村戦その1
グラウンドの攻防は2人ならではのものがありました。
リング上は異次元の世界。
この二人だからこそのハイスピードかつ緻密な世界が展開されてました。
ちょっぴり意外な結末でしたが、
次は限定解除の打撃戦が観てみたいなと思います。

●第四試合
○小野 武志(風天)   VS 高山 善廣(高山堂)
石川 修司(ユニオン)     ×大場 貴弘(風天)
16分55秒/腕ひしぎ逆十字固め
帝王バチバチ初上陸!
高山・大場組 対 小野・石川組 試合前
小野選手の序盤の攻撃がことごとく返されまして、
帝王恐るべしと感じました。
対修司さんは言わずもがな、
帝王の存在感が光りました。
修司さんと帝王の場外乱闘の最中、
小野選手が大場選手を仕留めて幕。
タッグマッチ試合終了直後
終了後はノーサイド。小野選手との絡みにも今後期待しています。
帝王再登場に当然期待しています。

●最終試合
○池田 大輔(風天)VS ×フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)
6分03秒/KO(顔面蹴り)
フジタ“Jr”ハヤト選手入場
大ちゃん入場
試合前両者 この後予想外の大ちゃんの奇襲で幕が開き…。
大ちゃんが予想外の奇襲で序盤で一気に優勢に立ちましたが、
ハヤト選手も応戦しダウンの応酬で凄まじい展開でしたが、
序盤の猛攻でダメージを与えておいた大ちゃんが
終始えげつない攻めを続けテンカウント勝ちを納めました。
試合後大ちゃん、マイク時殆ど記憶が飛んでいたようです。

試合中の大ちゃんの目の色、今まで一番怖い色をしてました。
ハヤト選手は大ちゃんにとって『やらなきゃやられる』相手、
『そうせざるを得ない』相手、
『そうしないと勝てない』相手なのだなと思いました。

ハヤト選手、当然今週は借りを返すべく、
うまくいけばワンナイトタッグトーナメント決勝で
大ちゃんに挑んで行くのではと思いますし、
当然私もそれを見届けるつもりです。
(チケ確保済)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ