プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
昨日国立劇場初春歌舞伎公演に行ってきました。
電車が遅れ鏡割りに間に合わず、開演ギリギリに到着。
でもまぁ楽しんできました。三演目ともに正月らしい明るく楽しい内容でした。
ロビー内より その1ロビー内より その2
ロビー内より 獅子舞その1ロビー内より 獅子舞その2
「歌舞伎十八番の内 象引」
本来は長めの話との事でしたが箕田源二猛が鎌倉権五郎のようでして、
『暫』をベースとしたスッキリした内容になっていました。
そしてこの演目は病気療養中だった
当代團十郎丈の半年振りの復帰公演でもあったので客席は暖かい雰囲気でした。
「十返りの松」
これも同様に新春を彩る成駒屋一族総主演の舞踊で
暖かい雰囲気でしたが、正直私的には睡魔との闘いでした…。
スキンヘッドの方は中日ドラゴンズ和田一博外野手ではありません。市川團十郎丈です。生放送なので当然このような機材も沢山運び込まれていました。中村芝翫丈の姿も。
この日は恒例のNHKBS2の生中継日でもありました。
この光景も私にとっては3年連続になります。
それでは演目の感想に行きましょう。

「競艶仲町」
上方歌舞伎文楽演目の『双蝶蝶曲輪日記』の書き換え狂言、
今で言うパロディ?狂言です。名前は元ネタの登場人部をそのまま拝借してますが、
江戸っ子の粋と意気、意地と意思のぶつかり合いと助け合いをベースとした
鶴屋南北らしからぬ?スッキリした戯曲でした。

劇中やむない理由で敵方平岡郷左衛門の手下を殺めてしまいますが、
終盤与五郎と与兵衛が平岡郷左衛門から家宝の香炉を奪い返した際に、
悪人側を斬った罪に関しては『格別の配慮がある』との事で罪に問われないという
事で晴れて勧善懲悪の大団円となり与五郎に扮した橋之助丈と
与兵衛に扮した三津五郎丈、
都とお早の二役だった福助丈が舞台に三人揃って客席に、
『本日はこれにて~』と挨拶して幕となりました。
終盤は少々強引な内容でしたが、
それこそ1970年代の時代劇もそうでしたし、
子供向けの特撮、アニメ作品でもこの2つはサンプルとして、
少々過激かつ悪人側の自業自得的な最期、なんてのもありましたからね…。




さてさて、国立劇場の後は去年同様に
定宿から後楽園ホールに向かいましたが、これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ