プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
綺麗事抜きで燃え尽きた『炎の男』が我々に与えてくれたものは
一体なんだったのかと今でも考えます。
ファーブが2度目の引退を正式発表
ファーブ今度こそ引退「これ以上何も求めない」

一旦引退宣言をしてそれから復帰宣言、
トレード先で揉めた挙げ句、
緑の方のニューヨークへやってきた、
炎の男ブレッドファーブ

日本シリーズ第二戦の後、自分も参加した観戦会
この時も既にプレーには陰りが見えてました。
(インターセプトリターンTD食らってましたし。)
この後、当時全勝だったテネシーに土をつけた試合が最大の見せ場だったのかなと思います。
これ取った時は地区優勝も決まりかなと本気で思ってましたが…。
そしてこの後、
ファーブの右肩痛が顕著になりこれと並行してチームも急降下…。
(オフェンシブコーディネーターが残留したのは正直疑問です。トーマスジョーンズなど駒の使い方は沢山あったはずなのに…。つーかファミコンにプレーコールさせた方がいいとすら思えた事もありました。)
西海岸のプレーオフ圏外チームにことごとく敗れた事も響き、
プレーオフすらも逃す有様…。そして今回の2度目の引退発表となりました。
誰から見ても尻すぼみの終盤でしたが、
シーズン序盤の頃のパフォーマンス(1試合6TDパス)を見ますに、
シーズン全体で見ればそれなりのカーテンコールをしてくれたのではと思います。

そういう意味では同様に現役晩年KCに移籍しても
それなりのパフォーマンスを残したジョーモンタナと
ファーブは似ている部分があるのではと思います。
92年シーズン、ファーブがGBでブレイクした年、私は高校三年でした。
実働17年、出入りの激しいNFLにおいて残した足跡に対する賛辞は
今更言うまでもありません。
永遠のやんちゃ兄ちゃん、ファーブお疲れです!

なお、これを気にニューヨークジェッツ公式(勿論英語のみ)及び
Official New York Jets Web Site
(現在ファーブグッズが叩き売りされてます…。)
我々日本の緑戦士ファンの間では通称日本支社で通ります、
-NEW YORK JETS on the Web-もリンク先追加します。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ