プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座百二十年 吉例顔見世大歌舞伎 筋書表紙
去年観た舞台のうち未記事にしていたものが
もうひとつありましたので今回の記事とします。
去年11月、リリマジ5前日、吉例顔見世大歌舞伎昼の部に行ってました。
本店の中は場所柄慶大ゆかりのものが沢山あります。この日は小豚を頂きました。
まずこの日は二郎本店へ。
早めの昼食を取った後に歌舞伎座に向かいました。
演目は下記の通りです。

一、通し狂言 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)
あらすじはこんなかんじでしたが、
猟奇殺人犯薩摩源五兵衛実は不破数右衛門が、
塩屋浪士(赤穂浪士)であるが故に『許されて』しまう武家社会の不条理を皮肉る、
忠臣蔵の世界を倒錯的に描いた作品でした。

惚れ込んでいた女芸者小万とその一味に騙されて
塩屋家仇討ちに必要な100両を巻き上げられ、
ヤンデレ化した源五兵衛はまず一味の虎蔵の家に深夜忍び込み
手当たり次第斬り捨てて行きます。
小万とその内夫三五郎は危うく何を逃れますが、
最終的に小万と三五郎の間に出来た娘(赤子という設定なので人形)も
源五兵衛の手にかかるのですが、
その際の小万を手にかけるシーンでの刀を振り上げた際の
仁左衛門丈が惚れた女に足蹴にされた悔しさと妖しさを漂わせ、
何とも言えない色気を出してました。
永遠のイケメン役者の成せる技かなと思いましたね。

そして印象に残ったのは、その小万にとどめを刺した後、
その生首を自分の長屋に持ち帰り、
ちゃぶ台に首を置いて茶漬けを食べ、
そして生首(仕掛け付人形)に食べさせようとすると
口が開くというトンデモ場面でした。

何という猟奇的なシーン、全年齢設定のはずの歌舞伎座で
こんな事やっていいのかと正直そう思いました。

かって武道館で氷室京介先生が言われた名言を思い出し勝手にアレンジしてました。
『ライブハウス歌舞伎座へようこそ!ここは歌舞伎座だぜ?』

GIGS ― JUST A HERO TOUR 1986
BOOWY

GIGS ― JUST A HERO TOUR 1986
EMIミュージック・ジャパン 1989-12-24
売り上げランキング : 20600

おすすめ平均 star
starアナログ版と違う気がするのですが、。
starこれは武道館アルバムではなくツアーアルバム
star大好きです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最終的には三五郎も塩治家にゆかりのある人間だった事から
全ての責任を追って腹を切り、
三五郎が息絶えていく中で源五兵衛実は不破数右衛門は
塩治浪士(赤穂浪士)のひとりとして、
高家(吉良家)仇討ちへ出立していくところで幕となりましたが、
源五兵衛はこのお話の中で7人を手にかけ、
三五郎、小万夫婦も高家(吉良家)の回し者弥助を結果的とは言え毒殺しており、
大南北の活躍した文化文政期の退廃した世相を表しているのではと思いました。
大正~昭和初期、戦後に活躍した名女形でした。初代吉右衛門、17代勘三郎とは兄弟でした。
この月は三世時蔵五十回忌追善興行でもありまして、
三世時蔵ゆかりの品が展示されてました。
昼の部に行った際は必ず頂いてます。
あと、この月も頂いてます。


二、玩辞楼十二曲の内 廓文章(くるわぶんしょう)
  吉田屋

はんなりとした上方の和事で、若旦那と傾城のゆる~い展開のお話でした。
考えるよりも感じられるか、そこらへんを世間にアピール出来ればと思います。
藤十郎丈、今回も立役とはいえ『逆方向の都合上18歳』でしたが、
歌舞伎の世界観の中では断然の雰囲気を醸し出してました。

面子揃わないと見れない芝居ですが、
盟三五大切、また見てみたいお話のひとつです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ