プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
一昨日昼夜ライブ連戦でしたが、まずは昼の馬車道Subway Musicから。

まず上京し上野→東京→横浜→関内、
そして二郎関内店へ。
小豚 粉チーズ 汁無し さすがにこの日はニンニクは抜きました…。
はじめて汁無しを頂きました。
今月は何度か横浜界隈に足を運ぶ予定なので
ここの二郎も覚えておこうと思います。
その後桜木町に移動し、徒歩で馬車道駅に。
この日の出演者順番表

13時やや過ぎたあたりからステージは始まりました。
千佐都さん
トップバッターは千佐都さん。


片桐麻美さんや、
NORTHERN SONGS
片桐麻美

B000064Q2N
エピックレコードジャパン 1996-01-21
売り上げランキング : 388128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あとはこの路線では御大と言えます中島みゆきさんなど、
この年齢で昭和的なフォークミュージック
(後で物販の千佐都さん本人談によります…)を
歌うのは環境の成せる業かなと思いました。
『月明かり』ジャケットより
演奏後、物販でCD『月明かり』も購入。
あとは周囲が需要をどこまで掘り起こせるかにもかかってますが…。
これは本人だけの課題でもありませんので、
そこらへんが今後のカギかなと思います。
以降は、
スーサン
スーサン
supremen
Supremen
バンキンガール
バンキンガール
capock
capockを経て、
フロウズン登場となりました。
フロウズン、アコースティックバージョンでの登場今日はタカシさんがパーカッションでした。
この日はウッドベースの高畠俊さんこの日はアコースティックギターの富田雅奥さんこの日はパーカッションのタカシさん(サポート)
私はアコースティックバージョンでは初でした。
セットリストは下記の通りです。

あくまで天使
天国の青、あじさいの海
あいのうた
手の鳴るほうへ

終了後、今後の予定や私の予定などもお話して、
今度リリマジ6で発行予定のタイトルを拝借する件については
発行後にあらためて事務局に送付またはフリーライブ等の際に
説明資料含めてお渡しする事を説明致しました。
(元のなのはシリーズの人物設定と私さとうが加えたアレンジについて、文面にて事細かに説明させて頂きます。)
リリマジ6当日はDESEOでライブある予定ですし、
代々木ブーガル開演前に立ち寄れればと思います。
この際シングルバージョンが未購入だったので、
あいのうた
frozen 富田雅奥

B00009WKN0
プライエイド 2003-07-23
売り上げランキング : 561365

Amazonで詳しく見る
by G-Toolsを購入。
フロウズン含めまして今回の出演各バンド、
ともに共に親しみやすいメロディと世界観で
ライブ動員力、CDの販売力もインディ界隈では一定の実力を持っていまして、
実績に裏打ちされたセンスと実力を感じました。
マイクロニクル
フロウズンの後はマイクロニクル
leaf of reason
leaf of reason
今回はトリのleaf of reasonまで観終えてから
馬車道を後にし、みなとみらい→東急で渋谷経由で
そのまま吉祥寺に向かいました。
そのYouth Mousse Avenue解散ライブについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ