プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場3月花形歌舞伎公演表紙
月曜、国立劇場3月花形歌舞伎公演に行って来ました。

あらすじは通し狂言でしたのでお蔦殺しの場面から
お馴染みの魚屋宗五郎のシーンまでを観た事になりますが、
感想を幾つか、宗五郎が酔っていくシーンでの
周囲の役者の動きの一体感がやや物足りないように思えましたが、
今回は若手役者中心なのでそれも仕方ないかなと思えました。
回数をこなせばもっと良くなっていくのではないかと思います。
魚屋宗五郎、ちなみに一昨年4月の歌舞伎座で見てますが、
その時は中村屋主体での宗五郎でした。

宗五郎が泥酔し、磯辺屋敷に乗り込んでいくシーンでの
花道での大向いの声の中に、
『お祖父さんそっくり!』というのがあったのも印象深いです。

その松緑丈と、お蔦・おはまを演じた孝太郎丈が出演した、
アフタートークにも参加してきました。

覚えてる点を幾つか。
宗五郎について松緑丈、
祖父の2代目存命中から酒屋丁稚、奉公人三吉などを演じていたので、
段取りは出来ていたつもりだけど、中々言うとおりに行かない。
1人で成立する芝居では無い。
また、宗五郎は父と祖父の当たり役、特段やりたいとは思わなかった。
手を伸ばしにくい役で、今回のオファーも菊五郎さんに相談してから
OKを出したとの事でした。
毎日舞台が終わる毎に反省念がいつも以上に多い。
酔う前のシーンが子供っぽくならないように気をつけている。
花道に出る前から気持ちを抑えないと、
後でお蔦憤死の真相を知り痛飲→泥酔→爆発してしまう意味が無い。
宗五郎の片口、手ぬぐいは祖父のもので
湯のみと煙管は自分のものを使用している、などでした。

孝太郎丈の場合は
女形なので筋トレ出来ない。
息子さん(千之助丈)が生まれた頃、だっこ出来なかった。
稽古の際に父仁左衛門丈から『二の腕が太い』と注意されたそうです…。

質問コーナー、記入して申し込みましたが…。
(まぁ仕方無いですね。)

終演後、某印刷所に入稿し、そのまま上野経由で帰郷しました。
松緑丈、今後も追いかけていきたい役者さんの中の一人です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ