プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場小劇場5月文楽公演筋書表紙
夜は小劇場で5月文楽公演を観てきました。

義大夫モノらしく超展開、
今回も『実は…だった』の連続でした。
史実にあったとされる宇治川合戦での
佐々木綱と梶原景季の先陣争いで景季が敗れたのは
戦前の弓矢占いで景季父景時が源氏白旗に矢を射てしまい不興を被り
切腹寸前のところを佐々木綱に助けてもらった恩返しだったこと、

景季母延寿が景季に勘当を言い渡したのは、
息子に戦功を挙げ汚名をそそぐようにという配慮したと言う事。

景季の恋人千鳥の父親鎌田隼人は梶原景時の家人番場忠太に討たれた、
すなわち仇同士だと言う事、

そして今回嶋大夫丈が語った「神崎揚屋」の場で
傾城梅ヶ枝となった千鳥が柄杓で手水鉢を叩いた際に2階から庭先に降りてきた小判は
景季母延寿のものであったと言う事、

母延寿がお筆・梅ヶ枝姉妹の前で自害しようとしたのは
自分が死ぬ事でお筆・梅ヶ枝姉妹の仇討ちとし、
息子景季を快く戦場に送り出して欲しいと言う事、
それ以外にもありましたが、江戸時代より今に続く超展開の系譜を見たように思えました。

目当ては当然神崎揚屋の段を担当された豊竹嶋大夫丈、
昼前進座を観ていた時は2.3階席だった関係上双眼鏡を持参したので
語りの際何度か双眼鏡で嶋大夫丈を観ていましたが、
全身を震わせ、顔は何度か紙で拭くほどの大粒の汗、
床本と同一化しているかのような仕草、
何度か嶋大夫丈と床本がひとつになっていたように思えるほどの、
命を削る姿がそこにありました。
公演前インタビュー記事もあり、期待して臨みましたが、期待以上でした。

嶋大夫丈、去年の春の叙勲の際、
記者にこんな事を言われていたようでして、
『エンターテインメントですから、お客様に感動してもらう芸でないと意味がない。すべての舞台で全力。今日で終わっていいと思っている』
嶋大夫丈の姿を観ますと古典芸能という感覚でなく、
『今』のエンタメ・ショービジネスとしての文楽の姿が見えるように思えます。

実はこれと同じ事?を言っている方が居られます。
殺害塩化ビニールのクレイジーSKB社長なんですが、
SKB社長の場合は
『毎回最期のつもりで。ステージで死んでもいいと思っている』
だったように思いますが…。
方向性は二七〇度違いますが、
命を削ってステージに立っている事は確かなのではと思います。
最近の定番、五目蒙古タンメンと、トッピング葱、あとラーメンは野菜大盛りにしています。
終演後は高速バス乗車前に蒙古タンメン中本御徒町店で
少し遅めの夕食を取って都心を後にしました。

国立劇場小劇場九月公演、
現時点では嶋大夫丈の出演演目は決まってませんが、
また行きたいですね。
魂の叫び、いつまでも耳に目にする事が出来ればと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ