プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと
さて、私さとうが古典芸能に興味を持ち続けている理由を
自分なりに分析してみました。

まずは義太夫狂言(文楽を歌舞伎化したもの)に特に多い、
超展開と史実無視?のイケイケ発想。
(平安時代中期・平安末期源平時代。鎌倉時代・南北朝・室町時代なのに衣装は全て江戸時代)
無論これには、武家社会での実際の事件や安土桃山→江戸時代初期の戦役を
そのまま戯曲化する事を禁止されていましたので時代設定を無理矢理過去の時代に置き換えた、
というものもあります。
(時事モノでは仮名手本忠臣蔵・伊賀越道中双六(鍵屋の辻の仇討ち)などが該当します。)
(戦役モノでは大坂の陣を題材にした鎌倉三代記・近江源氏先陣館などが該当。)
ここでも規制下での表現者としてのやりくりの手法を学んだように思いますし。

また、河内山宗俊や片岡直次郎、金子市之丞達の悪党達が
江戸の町狭しと大活躍する『天保六花撰』
この話の中で追われの身となった片岡直次郎が
恋人である花魁三千歳と束の間の逢瀬をする場面、
通称『直侍』でこの場面の主人公片岡直次郎の子分でありながら
直次郎を裏切り、江戸町奉行に直次郎の居場所を密告する暗闇の丑松、
そんな丑末の直次郎や河内山達の子分格になる前の半生に焦点をあてた話や、
『勧進帳』で安宅の関で義経一行をあえて通過させた富樫左衛門のその後に焦点をあてた話など、
現代に続く2次創作、パロディ的発想、
キャラクターのスピンオフモノのヒントを見るように思えますし。

あと面白い話ですが、
初演当時はあまり評判が良くなかったものの、
『現代的な視点』から再評価され、現在人気演目になっているものもあります。
この場合来月の歌舞伎座昼の部でも上演されます、
『女殺油地獄』が該当します。
(私さとうチケ確保済)

また実際に今の古典芸能の現場での、
各々出演者にも目を向けて見ますと、
対世間というものを常に頭において、
コクーン歌舞伎など斬新な戦略が目立ちます勘三郎丈や、
方向性では上記中村屋さんとは真逆ですが、
スタンダード的な歌舞伎手法を是とする吉右衛門丈など、
文楽では世間が抱くイメージそのままの住大夫丈に、
逆に固定観念を打ち砕く、まるでロックバンドのヴォーカルのように
『魂』の叫びを響かせる嶋大夫丈と、
あらゆるスタンスから歌舞伎文楽に向き合っているのではと思います。

結論づけて言いますと、
江戸時代の『低俗な三面記事コント』が、
いつの間にやら世界遺産の『高尚な古典演劇』になっていた、
その理由を自分なりに紐解いていきたい、
そう考えて今後も可能な限り客席で目の前の世界と向き合い続ければと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ