プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座正面入口に設置されたカウントダウン公演への日数表示パネル。
一昨日、歌舞伎座昼の部に行って来ました。
この日も歌舞伎座は超満員。

早速演目感想に行きましょう。

歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『正札附根元草摺』
一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)

曽我兄弟モノの歌舞伎舞踊でした。

歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『双蝶々曲輪日記』
二、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
   角力場

私さとう通算3回目になるこのお話。

今回は放駒が吉右衛門丈、与五郎が染五郎丈と分かれていましたが、
個人的には放駒と与五郎二役の方がしっくり来るかなと思いました。

歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『蝶の道行』
三、蝶の道行(ちょうのみちゆき)

歌舞伎舞踊でしたが定色幕でない普通の幕が天井から降りる形での終幕。
戦後に復活した舞踊劇との事で振り付けを担当された川口秀子さんが
今年1月に逝去されましたのでその追悼の意味合いもあったようです。

歌舞伎座正面入口演目案内浮世絵より『女殺油地獄』
四、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
 片岡仁左衛門 一世一代にて相勤め申し候
歌舞伎座入口、場内で展示されている『女殺油地獄』ポスター
今回の目当てはこれ、『一世一代』、
即ち当代仁左衛門丈の生涯演り納めとなるであろう
河内屋与兵衛、チケット争奪戦も激しさを増す有様で、
平日含め昼の部は全席ほぼ即完売の状況でした。

今回の一世一代公演を控えたインタビュー記事で仁左衛門丈は、

『現代の青年にも通じるものの多いお芝居ですが現代劇ではやってはいけない、大阪のお芝居の芸とリアルの兼ね合いをいかに表現していくかが大切だと思っています。』
あえて元禄時代の大坂(江戸時代までは大阪は『大坂』表記でした)の青年与兵衛に徹する事で
現代に通ずるリアルさを出していたように思えます。

与兵衛が豊島屋で殺しと盗みをした上で逃げだして幕となりますが、
豊島屋から逃げ出す際の、鬼気迫る表情が印象に残りました。
外見もとても若々しく、青年与兵衛そのものでしたが、
仁左衛門丈65歳、もう体力的にギリギリのところなのではと思います。
その点では派手な立ち回りが無い分、
『荒川の佐吉』は新装歌舞伎座になってからのお楽しみなのかなと、
個人的には期待していたりします。
昼の部の際の定番です。値段もちょっとしますが、ここだけの味わいってものがありますので…。
昼の部なので当然頂きました。葛きり、大好きです。
歌舞伎座ロビーの雰囲気も含めて味わえますからね…。

終演後はこのまま徒歩で新橋駅→東海道線で川崎、バチバチ27に向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ