プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
ラゾーナ川崎5Fからの風景その1ラゾーナ川崎5Fからの風景その2
夜はそのままバチバチ27に参戦してきました。
『東へゆく』この日はエレキでの弾き語り。
オープニングは大ちゃん実弟イケダタクヤさんのいつもの『東へゆく』
この日はサビの『東へゆく』X2のパートを我々観客席に唄わせてくれまして、
私も声を上げて唄ってました。

さて、試合感想に行きましょう。

第1試合
内田祥一[フリー] VS ×関根龍一[K-DOJO]
(6分35秒 クロス・フェースロック)
内田対関根 試合開始前内田対関根
正直なところ、勝った方も負けた方も印象薄でした。
関根選手はさておき、内田選手は内容も求められて然るべきはず。
バチバチ継続参戦するのではあれば次戦正念場になりそうです。

■第2試合
真霜拳號[K-DOJO] VS ×伊藤博之[チームアライアンス]
(17分8秒 無道)
真霜伊藤戦 試合前
額から出血していた真霜選手真霜対伊藤
開始直後伊藤選手の奇襲(キック→頭突き)で真霜選手額から大流血。
そこから死闘が展開され、最後の最後まで見入ってしまいました。
やもすれば淡々を相手を仕留めていく流れが多かった真霜選手が
感情を露わにする場面が何度かあり、予想外、予想以上の展開でした。
その時の真霜選手の鬼気迫る表情は、
昼間歌舞伎座、『女殺油地獄』終盤の花道で観た仁左衛門丈と重なっていたように思えました。
いかんせん総合帰り故かもしれませんが伊藤選手のスタミナが切れがちになり、
真霜選手が徐々に追い詰めていき、最終的には無道で決着しましたが、
メインでも遜色ない二人の試合内容に勝者敗者ともに退場時拍手喝采を浴びていました。

■第3試合 タッグマッチ
○本田多聞[プロレスリングNOAH]&橋 誠[プロレスリングNOAH]
        VS
長井満也[ドラディション]&×ホワイト森山[風天]
(10分59秒 がぶり返し)
橋選手入場本田橋組対長井森山組 試合前
橋選手対森山選手 その1橋選手対森山選手 その2
本田選手対森山選手
本田選手、動きは重いように見えましたが、
組ませるとやはり経験がものを言ったのか、
グラウンドではあの長井さんも本田選手に手こずってました。
最後もフロントネックロックっぽいがぶり返しで森山選手からタップ。
橋選手も予想よりやや良い感じでしたし、
今後のノア選手との交流も期待したいです。
橋選手、次はホワイト選手との一騎打ちなんてどうでしょうかね…。

■第4試合
○木村浩一郎[フリー] VS ×大場貴弘[風天]
(10分15秒 クロス・ヒールホールド)
大場対木村 試合前大場対木村
大場選手予想以上の動きを見せ、
どこから何が来るか分からない木村さんに充分対応出来ていたように思います。
しかし徐々に木村さんのペースになり最終的にはクロスヒールでタップ。
ですが次回こそは結果もついて来るのではと思いました。

■最終試合
○小野武志[風天] VS ×スルガマナブ[風天]
(16分35秒  顔面へのヒザ蹴り→TKO)
スルガ対小野 その1スルガ対小野 その2
こちらもスルガ選手の予想以上の奮闘で会場は大盛り上がりでした。
グラウンドでは互角以上に戦い、小野選手必殺のタコ絡みを封印しましたが、
小野選手の打撃を食い過ぎてしまい、
ラストもラッシュからのヒザ蹴りでレフェリーストップとなってしまいました。

大場選手スルガ選手共に現時点での120%の力を出していたように思えましたが、
木村さん小野選手共にそれ以上の力があった、
言い換えるとそういう懐の深さを大場スルガ両選手が引き出した、とも言えましょうか。
二人とも良さも課題も見えた試合、今後もバチバチ第二世代のツートップとして
戦い続けて欲しいものです。
大場選手のご挨拶
最後は大場選手の『1.2.3やっちゃう!』で締めとなりました。

今回は帰りの電車も余裕を持って乗れたので、
久しぶりに原色さんと電車バチバチトーク。
伊藤真霜戦の余韻、真霜選手次はいよいよバチバチ本丸侵攻?だとか、
橋選手の今後などを話したりしました。

初版の事情でチケ確保は来月になりますが、当然次回も陣取るつもりです。
バチバチの世界に今後ものめり込んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

どうもです。
真霜のブログ見るといよいよ踏み込んじゃったという感じで
ニヤニヤしてきますよw

お疲れ様です。

原色様
いつもお疲れ様です。

そうですね。
真霜はあーいうのも悪くないと思っているのは
観ている方も今後も戦いぶりに期待が持てますね…。
来月も宜しく御願い致します。
いつか木村さんの店も行きたいものです。
今回はこれにて。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。