プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
昨日ですが、約7ヶ月ぶりのヤスさんライブに行って来ました。

まずはいつものように上京し、
水道橋駅から徒歩で二郎神保町店へ。

それから再度水道橋駅から新宿小田急経由で鶴川へ。
駅から鶴川団地内にあるとある酒屋さんまで徒歩で向かいました。

暑さがかなりきつかったので復路での徒歩は取りやめにしましたが、
その酒屋さんで去年4合瓶で手に入れたとある銘柄を今年は一升瓶で入手。
一度飲み始めると、止まらなくなるんです。本当にヤバイ焼酎です。でも大好き!

徒歩で行った甲斐があったのかなと勝手に考えてました。

それから登戸経由で川崎のとある宿に向かい、
円形広場には数回行ってましたが、この動く歩道を使うのはこの日が最初でした。
そこで荷物を預けて桜木町駅からランドマークホールに向かいました。
ランドマークホール入口外の風景はこんな感じでした。
この日の公演はファンからのリクエスト曲を中心に行われるとの事でしたが、
私の場合、リクエスト使用とした時には受付終わってました。
私さとうにとっては初のランドマークホールでのヤスさんライブ。
6年前、観終わった後色んな意味で凹んでしまった、
かながわドームシアターでの事を思い出しましたが、
あれから時間が経ったんだなと言う事を実感しつつ開演の時を待ちました。

それではセットリストも兼ねてレポートに参りましょう。
バンドメンバーは去年と同じ編成でした。

1.季節は流れて
2.city woman
3.美しい思い出に
4.潮の香り
5.入り江
6.夜はふたりで
7.Starlight Serenade

(ここからギター弾き語り)
8.父流れ星
9.君を想うとき
10.明日の風に吹かれて。
(ここからピアノ弾き語り)
11.海辺にたたずんで
12.汐風の中で
(ここから再度バンド編成)
13.珊瑚色の夜明け
14.雨がノックしてる
15.素敵なあなた
16.個人の自由と平等
17.アイ返せユメ返せ
18.Believe In Our Smile
19.歴史は夜作られる
20.1億の夜を越えて
21.のがすなチャンスを
22.いいことあるさ

アンコール
1.Run a way
2.愛の終わる時
3.Save The Love
4.いくつもの星の下で

MCで印象に残った点を幾つか。
ソロになってからはオフコース時代の歌はバンド編成でもあまりやらなかったが、
今回はリクエストの結果も踏まえて取り上げたい、
リクエストは156曲あったが、
その中で三分の一ぐらいは一票だけだったとの事でした。
上位30曲のうちソロになってからの曲が10曲ぐらいしかなく、
サビシイ?などと言われていたように思います。

『父流れ星』を歌う前に、
ソロでの俺はここまで頑張ってきたんだそという歌を
皆さんの意思に反して?歌いますと言われてたように思います。

この時私はcocorotronベースの中島亮さんの言葉、
音楽は届けるものだけど、まずは自分達にとって意味があるか。
このことを思い出してました。
『父流れ星』はヤスさんにとって意味がある歌なんだなと思います。

『個人の自由と平等』をパセラで歌った事があるんですが、
歌詞内容がいまいち気分的にノレなかったんです。
50~60代にならないとシンクロ出来ないのかななどと考えてます。
そういう意味では『大人のロック』なのかもしれません。
ロックポップスを当たり前に受け止めてきた世代が
リタイヤしていきつつある昨今、そんな世代が『今』をどう捉ええるか、
この路線も面白いかもしれません。

ちなみにリクエスト1位は、『Save The Love』との事でした。

今回、私さとうライブでは初の曲が10曲ありまして、
これはいい意味で期待を裏切られました。
60を過ぎてもなおチャレンジするヤスさんの姿勢に
非常に感服した次第です。

アンコール終了後も再アンコールの拍手なりやまず、
ヤスさんが再度ステージ上へ。
8月の追加公演の告知をしてようやく収まったほどでした。
8月も何とか客席に居れる様にしたいと思います。
休憩無しの今回の方が個人的には良かったかなと思います。縁のないと思ってた横浜の夜景でしたが、これもまぁせっかくの機会ですし。
終演後は桜木町から川崎に戻り、今朝こうして記事を書いてます。
勝敗もさることながら、良い内容の試合を期待してみます。
これから天気微妙ですが、千葉マリンに行って見ようと思います。


スポンサーサイト
コメント

こんばんは。はじめまして!
レポートありがとうございます。
大盛況のライブだったんですね。

ファン歴が浅いので、かながわドームシアターの件が
どういう意味なのか微妙に気になります。

>モリキッコ様
来場ありがとうございます。

そうですね…。
一昨年のプラザソルライブあたりから
バンドスタイルでのライブの雰囲気が変わった、
明るくなったように思えます。
観る側も演る側も自然体で受け止められるようになったのかなと思いますし。

あと、かながわドームシアターの件につきましては
詳細についての言及は控えさせて頂きます。
申し訳ありませんがよろしくです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ