プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
って事で昨日歌舞伎座行って来まして、昼夜三階席に陣取りました。

早速演目感想に行きましょう。

歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『五重塔』
五重塔

明治大正昭和初期の文豪幸田露伴若き日の傑作。
二人の対照的な大工棟梁が織り成す意地と意志のぶつかり合いから、
互いに不器用ながらも互いに認め合う、源太とその弟弟子でもある十兵衛が、
困難を乗り越えた先の大団円は、エンタメの王道を見たように思えました。

獅童丈の源太、キャラをやや誇張し過ぎにも思えましたが、
全体的にはまとまっていたように思えます。
勘太郎丈は台詞の口調が父勘三郎丈にそっくりでして、
最近似てきましたね…。

歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『海神別荘』その1歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『海神別荘』その2
歌舞伎座場内展示ポスターより『海神別荘』
海神別荘
海底宮殿の様子が三年前見た時よりも
『宮殿』よりも『海底』である事に
重点が置かれてたセットだったように思います。
物語終盤、美女が一旦陸に戻ってから
自らが魔物となっていた現実に驚愕してからの
場面展開が三年前と全て変わっており、
玉三郎丈の『美』への妥協無き執念、情熱を感じました。

歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『夏祭浪花鑑』
夏祭浪花鑑
ギラギラした男達のお話でして、
団七の実年齢に近いと思われる海老蔵丈
本当に様になっていたかなと思います。
お梶の勘太郎丈もチーム中村屋での持ち役にしてるだけあって
違和感はありませんでした。
釣船三婦の猿弥丈のチョイ悪老狭客ぶりが印象に残ります。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『天主物語』その1歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『天主物語』その2
歌舞伎座場内展示ポスターより『天主物語』勘太郎丈の富姫はある意味『お祝儀』なんですかね…。赤姫は正直…(以下自粛)。

天守物語
亀姫来場時シーンの舞台後方のCGが三年前は火の玉で
今回は大名輿でして、夜の部もラストの展開は三年前と変化していました。
玉三郎丈のとどまる事の無い『美』への情熱を感じずにはいられませんでした。
玉三郎丈、この方も常に進化し続ける人かなと思います。
そうそう、物語終盤の近江之丞桃六の登場、
今でいう超展開になりますかね…。
おっさんあんたどっから来たんだとか、
そういうツッコミは野暮ですけどね。
海老蔵丈昼は海神別荘の公子役、夜は団七と、この姫川図書之助でした。
昼夜トリ演目でも海老蔵丈、
公子と姫川姫川図書之助という、
絵空事の世界観での貴公子役がハマりまくりでして、
やはりこの人は舞台でこそ映えるのではと思いました。

ふと思ったんですが仁左玉で今回の昼夜トリ演目やったら
発売初日の電話回線とネット回線と
当月の歌舞伎座が大変な事になりそうですね…。

終演後はありの先生宅へ。
前回のリベンジつってもアレなんですが、今回も泡盛。
於茂登 スッキリ系の泡盛です。
千駄木某所で購入した於茂登
歌舞伎座夜の部開演前に購入した、
五代梅でダレヤメ。

某所で偶然試飲出来たので口にした際、
ある意味泡盛らしからぬスッキリさがあったので
イケると思いましたが、梅干と野菜浅漬けに良く合いました。
今夏はスッキリ系泡盛を探求してみようかと思います。

さてさて今回の上京シリーズ、〆はバチバチです!
(つって今回フロウズン@上野BRASHと被ってしまいましたが…。行きたかったです…。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ