プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
夕暮れ時の歌舞伎座歌舞伎座入り口右側公演案内看板
昨日歌舞伎座夜の部を観てきました。
まずは午前中に上京、
最近のパターン、大にヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラです。(来週も行く予定ですがニンニクは抜きますです…。)
久しぶりの神保町二郎で早めの昼食を取った後渋谷乗り換えで
東横線沿線某所でリリマジ7新刊入稿。
その後、徒歩で武蔵小杉駅から南武線登戸経由で鶴川のとある酒屋さんへ。
宮之鶴 口にした時に強烈な印象を残す、まさに『泡盛』な泡盛です。黒さつま 佐藤酒造のスタンダードブランドです。これは手にしたのは初めてですので非常に楽しみです。
仲間酒造所宮之鶴佐藤酒造黒さつまを入手。

その後、代々木上原乗り換えで地下鉄を乗り継いで東京駅→東京中央郵便局へ。
とある申込書を郵送してから徒歩で歌舞伎座に向かいましたが…。
警察博物館だそうで…。家族連れで賑わってました。当然お出迎えはピーポ君。
こんなのがあるんですね…。

20分近く歩きまして着きました歌舞伎座、
昼の部の終演が16時過ぎでしたので入り口はごった返してました。

早速感想に行きましょう。
歌舞伎座入口 演目案内浮世絵より『浮世柄比翼稲妻・鞘當 』歌舞伎座入口 演目案内浮世絵より『浮世柄比翼稲妻・鈴ヶ森』
1.浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなづま)
 鞘當  鈴ヶ森
鞘當も鈴ヶ森も歌舞伎の様式美を主体とする作品。
鞘當が冒頭シーンで松録丈と染五郎丈の区別がつきにくかったですね。
鈴ヶ森は去年3月、人間国宝コンビで拝見してましたので、
今回もコミカルかつキツメなシーンな展開されてました。
歌舞伎座入口 演目案内浮世絵より『勧進帳』場内展示ポスター『七代目松本幸四郎没後六十年 歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)』
2.七代目松本幸四郎没後六十年
  歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
一番観たかった演目。
2月に弁慶だった播磨屋が今度は富樫になって
実兄幸四郎丈を迎え撃つ、『兄弟対決』となりました。
幸四郎丈吉右衛門丈兄弟は、
それぞれ劇場の空気を変える力を持っており、
その『化学反応』が山伏問答時、義経折檻時、延年の舞から別れの飛び六方まで
何パターンにも分かれていて、贅沢な時間を過ごさせてもらいました。
2人だからこそ創れる世界かなと思いますし、
今度は幸四郎富樫、吉右衛門弁慶のパターンで観てみたいなと思います。
歌舞伎座入口 演目案内浮世絵より『松竹梅湯島掛額』
3.松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまかけがく)
  吉祥院お土砂  櫓のお七
吉祥院お土砂の場はは理屈抜きで楽しんだ喜劇でした。
ポニョを歌い出したりするシーンや『終盤の花道演出』もさることながら、
播磨屋の序盤での台詞、『マジッすか?』には
不意を突かれ大笑いしてしまいました。

吉祥院お土砂の場、播磨屋の現代歌舞伎へのスタンスと言いますか、
切り口、方向性を見たように思えます。

櫓のお七の場は一転してシリアスなシーンでして、
恋する吉三郎逢いたさに火の見櫓を登っていく八百屋お七の情念を、
福助丈が見事に表していたように思えました。

今月昼の部参戦は楽日予定ですが、こちらも楽しみな演目が揃ってます。
今から楽しみにしていますよ…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ