プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座入口設置千秋楽看板歌舞伎座設置 千秋楽垂れ幕
って事で昨日歌舞伎座昼の部行って来ました。

千秋楽参加は実は今回が初めてでしたが…、
早速演目感想に行きましょう。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『竜馬がゆく』
一、竜馬がゆく(りょうまがゆく)
  最後の一日

坂本竜馬近江屋での最期の一日に焦点を当てたお話。
勤皇佐幕入り混じった人の行き交いを、
回り舞台を使用して効果的に描いていたように思います。

近江屋下女とみに扮した芝のぶ丈がとても印象的でした。
最初女優さんかと思っちゃいましたし。

伊東甲子太郎役の錦悟丈は、設定上かなり無理があったように思います。
史実調べれば竜馬と同年代のはずですし…。
幹部クラスのやりくりが難しかったのであれば
体面にこだわらず芝のぶ丈同様に
門閥外登用の名題役者さんでも良かったのではないかと思いました。

竜馬と中岡を斬った犯人は不明という結末は予想通りでしたが、
劇中で佐幕派のみならず倒幕派からも竜馬が狙われているという描写もあり、
そこらへんは謎のままの終幕でした。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『時今也桔梗旗揚』歌舞伎座場内展示ポスターより『時今也桔梗旗揚』初代中村吉右衛門丈
二、秀山を偲ぶ所縁の狂言
  時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)
武智(明智)光秀の小田春永(織田信長)への謀反に
繋がっていく流れを描いたものでして、
先代吉右衛門からの当たり役、武智光秀を熱演されていましたが、
『時代物』ゆえの『ゆるい展開』だった関係上、
私的には睡魔との闘いでした…。
時は今、雨が下しる皐月かな
つっても終盤の謀反決意時の展開は
目をまん丸にして見ていましたけどね…。
兄幸四郎丈扮する四天王但馬守との呼吸もバッチリでした。
やはりこの兄弟は絵になるものです。
葛きりです。
この演目の後、昼の部恒例の葛きりを頂きました。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『お祭り』
三、名残惜木挽の賑
  お祭り(おまつり)
芝翫丈の中心の華やかな舞踊劇でしたが、
ご子息福助丈日記コーナーでも記述ありました通り、
中日頃休演されていたようで、
この日も完全復調とは若干言い難い状態だったように思えました。
これが役者魂なのかもしれませんが、
年齢も年齢ですしあまり無理して欲しくないものです。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『河内山』
四、天衣紛上野初花
  河内山(こうちやま)
  松江邸広間より玄関先まで

去年の9月、上州屋の場からの通しで観ていたので、
どうも尻切れ感が拭い切れなかったように思えます。
幸四郎丈梅玉丈含む演者の皆さんの技量については
賛辞を惜しみませんが…、
演目選定自体に問題があったかもしれません。

終演後神田安宿から代々木ブーガル、
春夏秋冬vol15に向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
(記事更新はおそらく今晩になると思います。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ