プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと
実際問題、『またこんなのか…。』と思う事が多いです。
自分のようなポジションに居ますと、
血が抜けて力が抜けていく風景に出くわす事が多いです。
私の役回りですと、多分こんな感じなんでしょうね。
『“あれ”と比べれば自分達はマシだ。』みたいなもんでしょう。
私自身その事自体はもう諦めてますけどね。

ですけど、『まだこんな世界があったんだ。』
そう思える事も当然ある訳でして…、
ユノなの魂第7弾、『君と僕のあいだを』での序盤のシーン、
ユーノが出張先で見たという風景、

『その出張先の季節はちょうど真冬で、雪は全然降らない場所だったんだけど、駅のホームで口付けを交わすカップルを見たんだ。いつもありげなこれ見よがしのものじゃなくて、晴れた日の昼下がり、つーんとした寒空の下、僕含めあまり人の居ないホームで抱き合っていて、とても自然な感じで、ひさしぶりにうらやましいと思った。』

これはとある駅で観たと言った方が正しいかもしれませんが、
(ヒントは私さとうが頻繁に通うどら焼き屋さんの最寄り駅、フロウズン雅奥さん在住地隣駅です。)
これは私が実際に見たものだったんです。
(去年の2月サンクリの頃ですね…。)

私さとう自身も、諦めなければきっと『そういうところ』
にたどり着けるのではと思えるんです。
(恋愛的なものであるかどうかは別にしまして…。)

それにブーガルやベルズに限らず芝居や寄席などでも、
『まだこんな人が居るんだ。』
そう思える瞬間は何度もありましたし、
私さとう自身も『まだこんな奴が居たんだ。』そう思われる存在でありたいと思います。
(『ここにも熱い奴が居た!』これは少々プロレスチックな言い回しですけどね。)

『また』じゃなくて『まだ』、そんな瞬間に出会えるように、
そんな自分自身になれるようにこれからも諸事取り組みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ