プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座道路向かい側から。今回は東京駅日本橋口バス降車場から徒歩で歌舞伎座へ向かいました。
先週日曜、ロケット団定例集会前に
歌舞伎座昼の部観てきましたのでちょこっと。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場』歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『三段目 足利館門前進物の場 同 松の間刃傷の場』
『四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場 同 表門城明渡しの場』歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『浄瑠璃 道行旅路の花聟』
今回はあえてあらすじには触れませんが、
創作活動の上でのヒントを幾つか見つけました。
当然江戸時代ですので幕府による検閲逃れの為でもありましたが、
登場人物の組み合わせの妙に目が移りました。

南北朝時代に置き換えたテクニックもさる事ながら、
大石内蔵助の妾だったおかると萱野三平をそれぞれお軽と勘平に、
さらに恋仲にして悲劇の一幕を作った事など、
そしてキャラ改変も。
ある意味モブキャラだった大野群右衛門(大野九郎兵衛の息子)
を大悪党『斧定九郎』に仕立てたりもそうですが、
あくまで塩家浪士(赤穂浪士)は師直(吉良上野介)への私怨という伏線にしながら、
高家そして武蔵守、これは当時の実は江戸幕府への翻心を内に秘めた形になっていた訳でして。
今回夜の部の演出が一部変更になっているようです。判官腹切りの場は今でも厳粛なしきたりの下で上演されています。
明治大正以降の実録ものでの忠臣蔵では、
『片手落ち』な幕府の裁定に異議を唱えんがため決起した、
という解釈が普遍化している事もありますし。

観ておこうかなという気持ちで向かいましたが結果大正解でした。
創作を志す人間であれば200年以上語り継がれている
『大スタンダード』に触れておくのも妙かなと思えましたし。
今月も頂きました。
今回も葛きりを頂きました。
来月分は現時点では未確保ですが、
土日昼の部、『戻り』があるでしょうし、そう簡単には諦めません。
昼の部終了直後の場内この日は終演後も徒歩でとりあえず東京駅まで向かい、中本御徒町店で味噌卵麺を頂き、日比谷線で人形町に向かいました。
今月も戻り分で確保しましたし…、って事で夜の部確保したのは
今日の夜ですので、これから行って来ます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。