プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座道路向かい側から。櫓も展示されてました。
って事で昨日、夜の部観てきました。
淡路町付近を西へ。小川町と神保町の中間地点らしいです。あるところで右方面に入り…。
だけではありませんで、この日はいつもの通り午前中に都心入り、
TX秋葉原駅から、淡路町~神保町まで徒歩で向かうは…。
二郎神保町店看板この日もラーメン大にヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラでした。
いつもの二郎神保町店でした。
そしてさらにここから根津駅まで徒歩で、
そこから千駄木某酒屋さんで色々見てから歌舞伎座最寄りの東銀座へ。
2時間弱待ちながら周辺をウロウロして開門を待ちました。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『五段目 山崎街道鉄砲渡しの場  同 二つ玉の場』歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『六段目 与市兵衛内勘平腹切の場』歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『七段目  祇園一力茶屋の場』
さて、今回夜の部前半は史実とは違う
創作ベースでの勘平お軽の悲劇でした。

5.6段目の勘平お軽の悲劇と、
7段目のお軽とその兄平右衛門が紆余曲折の末に
悪党斧九太夫を討つくだり、
そして今回上演されてませんが九段目の山科閑居、
加古川本蔵、その妻戸無瀬、娘小浪と
大星由良之助の妻お石と力弥の悲劇は、
どちらも仮名手本忠臣蔵での創作であり史実ではありませんでしたが、
現代時代劇ドラマ等の元禄ものでも取り上げられます。
敵味方そして男女恋仲の相関や伏線の悲劇的回収方法など、
作品としても優れているからこそかなと思います。

斧定九郎の登場時のシーンも、
あのような夜の山中での粋な色悪ぶり、
でもそれを自然にさせてしまうのも歌舞伎らしさかなと思えました。
『50両』ただ一言の台詞ですが、
それだけでも客席は何か納得?してしまったように思えます。

7段目終わった時点で近くの客席のお子さんが、
『え~まだあるの~?』って言われててましたが、
これも一理あるかなと思わずにはいられませんでした。
歌舞伎、特に義大夫ものでは避けられない展開の『ゆるさ』を
これからの世代にどう伝えてゆくかも考えねばならないように思えました。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『十一段目 高家表門討入りの場   同 奥庭泉水の場 同 炭部屋本懐の場  引揚の場』
終盤は討ち入り~本懐~引き上げと続く大団円でして、
最後は拍手喝采で幕が下りた事を記しておきます。
帰路も東京駅までは徒歩で。銀座を通りかかるとご覧の通りクリスマスツリーが。この時間帯も中々味わい深いかなと思いました。冬が確実に近付きつつありますね…。
さて、今日はひと眠りした後、
ユノなの魂番外編書き下ろし『君の明日と僕の明日が』
の本文を一気に仕上げようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。