プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場 大劇場看板付近国立劇場12月歌舞伎公演「頼朝の死」「一休禅師」「修禅寺物語」筋書表紙
って事で日曜はまず半蔵門国立劇場12月公演を観てきました。
1.頼朝の死
こちらも前日の昼の部同様に議論を巻き起こしてました、
播磨屋の立役とは言えど『逆方向の都合上18歳』、
何十年ぶりかの源頼家役でした。
私も色々心配していたが実際観まして、それは杞憂だったと思います。
歌六歌昇兄弟の広元重忠はそれぞれ2年前も観ていたので安心して観れました。
小周防は今回の芝雀丈の方が良かったかもしれません。
尼御台政子の富十郎丈もまたしかり。

2.一休禅師
富十郎丈のご息女、
愛子丈の凛々しさに尽きますかね。

3.修善寺物語。
期待通りの出来でした。
ですが、この演目で頼家役だった錦之助丈に、
『頼朝の死』でも頼家役をさせても良かったのでは?
と思いました。
錦之助丈に経験を与えられるし、
そうすると話の流れがつかみやすくなると思えました。

今月の半蔵門、流石に千秋楽は席もそれなりに売れてますが、
明日と明後日は席に余裕あります。
明日明後日なら2000円台の席もまだ何とかなりそうです。
前記事の春夏秋冬とこの後書きますmomoのワンマンに行った、
もしくは実際に出演された皆さんに、
今回の国立劇場歌舞伎公演をお勧めします。

確かに鎌倉時代初期の史実の知識など、
前準備が無いと厳しい面が少なくないですが、
当代播磨屋、吉右衛門丈の『誠実に、されど媚びない』
その姿勢を感じれるのではと思います。
ただし2作目の舞踊劇『一休禅師』以外は鬱展開まっしぐらの内容ですのでデートコースには不向きですのでご注意頂きたく。

私自身スタンダードでクラシカルなスタイルを目指しているので、
播磨屋の姿勢、方向性、存在感は当然参考に、目標になります。
久しぶりに五目蒙古タンメンを頂きました。

終演後は中本御徒町経由でmomoワンマンライブに行きましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ