プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
先週土日も上京連戦でしたが、
今回は日曜夜のフロウズンワンマンライブから記事にしようと思います。
なお、俊さん雅奥さん、サポート孝志さんにバッハさん、
スタッフの皆さんに敬意を表する意味でこの記事を今後1週間を目処にトップ記事とさせて頂きます。
週末リリマジ8発行物案内に関しては2番目とする予定です。
(リリマジ発行物確定の際に元の順番に戻します。)

この日はサンクリでもあったので昼過ぎにありの先生の所へ。
それから閉会までのんびりしてました。
もうしばらくは他のイベントと日程が重複している状況が続くので、
(この日はワンフェスとブッキングし前後の週では中小イベント開催)
雰囲気も以前と比較して落ち着いたものになりそうです。

一旦バス乗り場付近コインロッカーに荷物を預け、
中本御徒町へ。
最近は五目味噌タンメンがメインです。あとネギも。
早めの夕食を取った後向かうは渋谷O-Crestへ。
今回のツアーは去年9月発売の、
まる
まるフロウズン

Loop Shoot 2009-09-04
売り上げランキング : 183336

おすすめ平均 star
star絶対オススメ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


をひっさげてのものでこの日のワンマンがツアーファイナルライブでした。
『あくまで天使』演奏時より
って事で開始しました。
客入りは日曜夜という条件でしたが去年と同じ満員でした。
セットリストは下記の通りです。
Vo&Gui 富田雅奥さんと右端にSupport Key杉本バッハさんBass & Cho 高畠俊さんSuport Dr 小池孝志さん
あくまで天使
逃走
未来
ゴースト
電人M
1DK
ここでMC。
ワンマンライブでは各々服を新しく買うとの事でしたが、
雅奥さんが暑くて一枚目脱ぐ?とか言ってまして、
(実際アコースティックコーナー時は脱いでました。)
九州ツアーも一年半ぶりで心配してたが各地で歓迎されてきて、
ツアーで貰ってきたものをお返ししたいと言われてました
ギター2台無いと出来ないと考えて諦めていた曲も
なるべくチャレンジしようと言う事で
やってみたら以外と出来た曲もかなりあったとの事で、
シルバー
シルバーフロウズン

BBMC 2007-02-21
売り上げランキング : 209998


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回『シルバー』からの選曲が多かったのもそういうところがあったのかなと思います。

フライパンで立ち向かえ
ブレーカー
モグライアン

ここでアコースティックコーナー
アコースティックコーナーより。
今回のツアーは長くやらせてもらえたけど、
ワンマンだから長くやりたい。
夏と冬をテーマに二人で7月の猛暑の中、
上野駅歩道橋?でアー写に収まった思い出を語り、
夏と冬をテーマに2曲ずつ。

(夏)
海のタイム
カレン

(冬)
雪のタイム
手の鳴る方へ

サポートドラムの小池孝志さん、
ブログがミュージシャンっぽくない?との事で、
九州ツアー時はいつもお客さん扱いされる?
バンドパスを服に貼ってないとアンケート配られたりしたとの事でした。
って言うか澪ちゃんのフィギア欲しいとかって…。
九州ツアーはラーメンばかり
最終大分ライブ終了後のみ米(定食?)を
食べやっぱり米だなと全員認識を同一にしたとの事でした。
『モンスター』演奏時より
モンスター
『毒うさぎ』演奏時
毒うさぎ
猿が吠えている
多年草

ここでMC、ワンマン、始まってみるとあっという間。
フロウズンもレパートリーがたまって100曲以上あるが、
曲って言うのは一回演奏したらフロウズンだけのものではなくなるから、
責任を持って伝えていきたいと言われてました。

(ここらへんは私も常々考えているところです。)
多分『続・あいのうた』の頃だったかなと思います。
即ちフロウズン最高という事です、音楽で伝えていきましょう、
と言う事で終盤戦突入となりました。

流れ星2
続・あいのうた
魅惑のチキチキルージュ
心の中の花束
それからどんどこしょ
(EC)
『あいのうた』演奏時
1.あいのうた。
この後、最後のMCになり、雅奥さんが、
自分たちの音楽を愛している以上は、フロウズンを続けて行きたい
そう言われてから最後の曲になりました。
(この言葉も印象に残りました。これも私が常々考えている事のひとつです。)
『木』演奏時より富田雅奥さん『木』演奏時より 高畠俊さん
2.木
『木』という曲、何らかの形で音源化を期待しているんですが、
今年のベイスターズの中継テーマなんでいいかなと思ってます。
(スカパ・某親会社系はハナから期待してませんのでTVK関連でと考えてます。)
全曲終了後 俊さんの挨拶時より4人全員で『アィーン』のポーズで締めとなりました。

終演後最初に孝志さん、俊さん雅奥さんスタッフさんにご挨拶。
孝志さんにはブログの場所を伺いまして、
『探さないで下さい…。』との事でしたが、
つい出来心で見つけてしまいました…。

この後何故か俊さんに私さとうが18の頃まで呼ばれてた呼称で呼ばれたような…。

他のお客さんも居られましたし、東京発バスの時刻も迫ってきたのでここでタイムアップ。
俊さん雅奥さんに握手をして頂きクレストを後にして渋谷駅へ。
地下鉄経由で東京駅に向かい、
ブービーの高速バスで東京駅を後にしました。

去年同時期のワンマンと比較すると
演奏中心で真っ向勝負!という感じが伝わってくるライブでした。

この日、フロウズンの皆さんに貰ったものを私も
今後何らかの形で私のフィールドで還元していきたいです。

さて、この日の前日土曜見てきた『血は立ったまま眠っている』の感想についてもちょこっと。
(今回も苦言を呈する内容がありますのでご注意頂きたく。)
土曜日は諸事情により始発バスで上野入り。
JRで上京して来た知人にキンコーズを案内し、
資料作成のお手伝い、このような設備施設は私と知人の居住地には当然存在しないので
知人は『便利だね~。』と非常に驚いていました。

そこから池尻大橋まで知人を案内した後いつものコースに戻り
今回もラーメン大 ヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラでした。
二郎神保町で昼食。
コクーンシアター内展示ポスターより。(私的に主役二人は『空気』だったのでのっぺらぼうにさせて頂きました。)
そこから渋谷に再度向かい、シアターコクーンに向かいました。

開始前はステージ裏の通路が丸見えの構図でして、
以前観た表裏源内と同じような感覚でした。

そこから赤旗を持った数人がステージに登場、
めまぐるしく変わっていく中で、主人公二人の登場、
ついに物語の始まりとなった訳です。

革命を夢見る主人公とその後輩、
床屋に集うならず者?達の果物の闇商売で一儲けを企む二つの企てが同時進行していくお話しで、
そしてもう片方は尻込みした先輩格を後輩が『消す』方向に、
片方は完全に頓挫し裏切り者への『私刑』に向いていく話でした。

主軸はあくまで革命家先輩後輩の話でしたが…。
私的にその主役であるはずの二人が空気最初から最後まで『空気』だったんです。
もう片方の世界に完全に喰われてました…。
良の姉役、寺島しのぶさんにかかる負担が相当なものだったのではと思います。

灰男の中の人の方は一時期の過剰プッシュに『?』と思ってたので、
私的には『なんだ、やっぱりこの程度かよ』と、
この体たらくはある意味予想通りでしたが、

問題は良の中の人でした、
怒るような演技ならそれなりに格好つけられるのは
あそこの伝統かなと思ったりしましたが、
10年以上前、大河ドラマで主役の少年時代と視聴率テコ入れの為に
その孫を演じていた頃の方が存在感があったような…。
観てて『以外とこじんまりしてたな…。』そう思いまして、
予想よりも伸びてないなというのが率直な感想でした。

地上波21時台22時台ドラマなど固定枠の仕事ばかりでなく、
もっと外部での舞台公演を増やすべきではと、
あとあそこの体質的な問題ですが以前のように女子プロレスよろしく
25歳~30歳定年制を導入すべきではと思うんです。
残念ですが、いまのあそこはプチキム×クばかりが増えてるように思います。
あそこの大スター格であれば、近所の爺さん婆さんはおろか、
犬や猫でも知っている、そこまでの知名度があると思いますが、
『元々6人でデビューして今は5人』な人達以降、
そこまで突出したグループは出ていないように思えまして…。
(甘く見積もっても『楽器弾いているらしい』人達ぐらいかなと思います。)
みんなこじんまりと、小粒になっているように思えまして、
キ×タクは一人居ればいい訳ですし、本木雅弘さんとは言わないまでも、
古典作品『怪談牡丹灯籠』の再構築など、
意欲的に活動している大沢樹生さんのように
もう『籠の中』から出てもいいのにと思えました。

もう片方の世界を演じた六平直政さん、遠藤ミチロウさん、
柄本明さんの息子、柄本佑さんの方が存在感ありありでした。
柄本佑さん、その存在感は強烈なものでして、
長塚圭史さんがそうであるように、
『柄本明は柄本佑の父親』と言われる日もそう遠くないと思います。
個人的には主役二人、灰男を柄本佑さん、良を金井勇太さんで観てみたいと思いました。

終了後は神田安宿へ。
18時前からいっぺん仮眠を取り、21時前までに起きれれば
末廣亭の深夜寄席にと思いましたが、目が覚めたのは翌日の2時半でした…。
(悔しかったんでそれからリリマジ合わせの原稿書いてましたけど…。)

って事で次記事はお待たせしましたリリマジ8発行物案内としたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ