プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
リリマジ8前日、国立演芸場に行って来ました。
目的は毎年恒例、2月中席の鹿芝居。
(噺家さんの芝居なので『鹿芝居』)
この日は10時前に都内に入りましたが、
小雪混じる中、本店に並んだ訳です…。
神保町二郎が休みだったので久しぶりに三田本店へ。
麺の中からじわっとくる熱さ、これこそ二郎の真骨頂です。
それから神田にてにて相方すくすくさんと一旦合流。
翌日のイラスト、つり銭等を預かってから
すくすくさんはMOVIXさいたまへ。
私は国立演芸場に向かいました。
この日の演芸場入口 電光掲示板
三遊亭多ぼうさんの前座に続き、
金原亭馬吉さんから本番へ。
今回は前座さんもまずまずで、
馬吉さんも客席の温度をしっかり上げていた事を記しておきます。

3番目は金原亭世之介師匠

マクラはバスネタから、
今日はバスで来た。空いてたので早かった。
流石は飛ばす。(都バス)


最後は役者さんの形態模写に。

團十郎丈から芝硯丈(志村けん?)
中尾彬さんに最後はある噺家さんって事で、
噺家を真似る場合、通常は鬼籍に居られます噺家を真似るそうですが、
『もうすぐ亡くなる?人』と言うことで、
御存知『家元』、立川談志師匠の物真似で〆。
似すぎてました…。

って当の本人が高座復帰との事で、
5代目圓楽師匠など同世代のライバル達が次々とこの世を去る中で、
期するものもあるのではと思います。
体調万全で無い中、気合、心意気のみで高座に望むんでしょうか…。
家元、もしかしたら畳(病室)の上で死ぬつもりはないのかもしれませんね。

話を戻しまして、世之介師匠、
はじめて観ましたがネタの引き出しが豊富で、
また観たい、そう思える方でした。本当に世界は広いです。
多芸多才ぶりは師匠の公式サイトにも記されてますし、
執筆もされてます。
なんで挨拶しなきゃいけないんですかぁー
なんで挨拶しなきゃいけないんですかぁー
三五館 2006-06
売り上げランキング : 390538


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続いては古今亭菊春師匠。
艶っぽいリアクションが江戸落語の世界観を醸し出していました。

そして林家正雀師匠
マクラはフジポッド配信ん時と同じ、
『白い変人』と『流しそうめん』、
師匠彦六と先代文治師匠の思い出話から本題へ。
演じましたのは、大師の杵

(終演後演目表を確認しなかったので後で調べました。)
義太夫も交えた噺で、昭和の名人、林家彦六の最後の弟子、
実力者ここにあり、そう感じました。

中入り前馬生師匠含め落語通しでしたが、
どの演目も退屈する事なく楽しめました。

そしてお待ちかねの鹿芝居、
落語が元ネタだけあってテンポの良い話かつ、
アドリブの連続であっという間に時間が過ぎてしまいました。
本当に楽しかったです。最後は3本〆で幕。
そしてこの後も私的にはサプライズ。
この日出演した噺家さん達が鹿芝居の格好のままでロビーに終結!
これも2月中席恒例かもしれませんが、いつもならありえない展開です。
(2007年12月の木久扇木久蔵親子襲名披露ぐらいです。)

この際、公開は控えさせて頂きますが、
正雀師匠と私さとうでツーショットで写真撮らせて頂きました。

週末バチバチ参戦するんでまた行くかも…、立ち見でもまた観たい!
そう思わせる内容の2月中席でした。

さて、この後の宿屋直行→製本→カラオケ→翌朝→リリマジ8については
久しぶりに遠征記としたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ