プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
続きです。

ご存知成田屋の御曹司で昨今ゴシップも含め世間を賑わす快(怪)男児?

市川海老蔵主演の舞台、『信長』の券が若干残っているとの情報を
ハイテクライブ終了後松竹携帯公式より入手した私は
翌1/2の朝、三軒茶屋から表参道@銀座線、新橋@日比谷線経由で
東銀座、新橋演舞場に向かいました。
2006年1月新橋演舞場公演『信長』より

10時半ぐらいに東銀座に着き、演舞場に向かいました。
当日券売り場で残っていたのは3階席と立見、そして一席だけ残っていた桟敷席、
私は迷った末、折角だから自分自身にお年玉と桟敷席を選びました。
13650円、パンフ2000円、天むす弁当1000円で計16000円超えちゃった…。

11時半の開場までの間、演舞場、東銀座付近をうろついていたらご存知歌舞伎座、
こっちは画像の通り坂田藤十郎襲名披露公演でこちらも大混雑。
2006年1月歌舞伎座・坂田藤十郎襲名披露興行より

(しかしこっちも当日券は若干残っていた模様)

そして開場時間間近になり演舞場に戻ったら添付画像の通り
何やら物々しい雰囲気が。報道陣に警察にSP…。
野次馬の一人に聞いて見たら、
なんと小泉総理(当時)が来るとの事。
私も折角だからと小泉さんの来るのを見届けてから、
開場入りしました。
小泉さん着席時には開場全体で拍手。

舞台全体の感想は海老蔵が伸び伸びと
信長になっていたと感を得て、
4年前毎週日曜夜テレビの前で
独房に入れられたような顔をしていた
当時の新之助では無かったと言うことでした。
(まぁ錦之助版武蔵5部作と比較するのは酷って事は重々承知の上で。)

まぁでも信長の生涯ってのは、
誰でも知ってる事のひとつですし、歴史的な流れも
周知の事実ですから、
後で色々こじつけちゃうのはズルイなぁ、
と思ったシーンがいくつかありました。
無論その『ズルイ』って言うのは悪い意味では無く、
いい意味で『やられた!』と思った、そんな感じでした。
例えば悩みを深めていく光秀(田辺誠一)に
対しての秀吉(甲本雅裕)の台詞、
『俺も上様(信長)を殺そうと思った事がある。何度もだ。』
『光秀、理屈で動くな。理屈で動いてもロクな事にはならんぞ』
などがまさにそれでした。
(当時一部メディアで報ぜられた信長(海老蔵)の序盤の台詞はあえて割愛します。)

自分もいつの日か、良い意味で『やられた!』と思わせるような
何かを成し遂げる事ができればと思っていますが…。

あと公式パンフでの主役5人の座談会でのお市役小田茜の、
『お市もお兄ちゃん大好き!なんだな(以下略)』にも、
ちょっと違う“ニュアンス”を感じてしまいましたが。(笑)
(お市と信長の関係では昨今の2次元界隈の『妹モノ』を地で逝く関係だったって説も。)

小泉首相(当時)のサプライズ含め、久しぶりの舞台鑑賞は大満足でした。

でも隣の席の家族連れが終了直後に
(父母娘・そこそこの暮らしぶりと見受けられました。)の一言、
『ちょっと物足りなかったわね~』には、
『エーッ!そりゃ俺はあんたらみたいにしょっちゅうここに逝ける訳ないねん!』
と、心の中で叫んでいましたが。

この日の事をきっかけに、舞台観賞にのめり込む事になっていった訳です。

今回は予め想定した上での精神的ジェットコースターでしたが、
想定しない形での精神的ジェットコースターになった事もありました。
同じ月の後半に三越劇場→歌舞伎座とハシゴしたのですが、
それにつきましては後日別途と言う事で…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ