プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場2月文楽公演 筋書表紙
リリマジ8終了後は再び半蔵門国立劇場(小f)にて
2月文楽公演を観てきました。
リリマジ8終了後朱雅さんと別れ、
夕方 曇り空の下、境内はいつもよりやや人少なめでした…。
単独で向かうはお茶の水最寄りの明神様、ここでリリマジ8の御礼と今後の報告をした後、
この日は五目蒙古タンメンを頂きました。
中本御徒町で早めの夕食を取ってから半蔵門、
国立劇場小劇場、文楽公演第三部に向かいました。
演目は曾根崎心中。
歌舞伎版で去年4月予習済でしたが、
あらためて観る気になったのは、
切の場を嶋大夫丈が担当する事を知った事が最大の理由でして…。
生玉社前の段は正直殆ど睡魔との戦いでした…。
天神森の段は帰りのバス時刻を逆算し、いつのタイミングで会場を出るか、
その事を主に考えてました。
(他のブログの方も指摘してましたが天神森の段、何ゆえに多人数で語らせたんでしょう…。)
嶋大夫丈の天満屋の段のみに全神経集中してました…。
双眼鏡も持参し完全装備で臨み、
今回人形遣い吉田蓑助丈の文化功労者顕彰記念公演でもあったようです。
その瞬間を待ちました。
客として現れた九平次を前に、軒下に潜む徳兵衛に心中の覚悟を問うシーン、
その際、私は殆ど嶋大夫丈ばかりを見ていました。
体中から吹き出るような汗、今年七八歳になられますので当然かもしれませんが、
いつものように身体全体を使った語りで、
命を削っている様が手に取るように映りました。
初めて観てから3年経つんですね。あの時の衝撃は今でも忘れません。
以前も記事にしましたが、
嶋大夫丈、新聞記者にこんな事を言われていたようでして、
『エンターテインメントですから、お客様に感動してもらう芸でないと意味がない。すべての舞台で全力。今日で終わっていいと思っている』
嶋大夫丈の姿を観ますと古典芸能という感覚でなく、
『今』のエンタメ・ショービジネスとしての文楽の姿が見えるように思えます。
(この件については色々思う事ありますので別途記事にする予定です。)

あらためて最後の天神森の段についてもちょこっと、
歌舞伎では徳兵衛がお初を脇差しで手にかける寸前で幕が下りますが、
文楽は徳兵衛がお初を手にかけ、自らも喉を突いて斃れるまで上演するのが常との事で、
(そうでない時もあるようですが今回はやりました。)
そこらへんのリアルさも文楽ならではかなと思います。

そして私は幕が下りた瞬間に客席を立ち、
急ぎ足で半蔵門駅に向かい、
予約してた高速バス発車15分前に東京駅に着き、そのまま帰路に着きました。

来たる5月公演
昼夜の演目の語りの配役次第ですが、また国立劇場小劇場に陣取ろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。