プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
ちょっと早いですが、今月末までのサルパラダイスVo.ユーコ店長とGui.タナカマネージャー体制下の代々木Bogalooに御礼を。

私が始めて代々木Bogalooを知ったのは、
cocorotronが2007年冬コミ時上京前、
橋口さん達のライブがある場所という事ぐらいでした。
2007年大晦日イブのcocorotronライブに行った際、
中に入って早速印象に残ったのは会場は小さいですけど活気のある客席とステージ、
そしてその時は当時活動中だったmaiamという感じで、
いつもではないにせよ、目当て以外のバンドで『また観たい』そう思えるミュージシャンに出逢えました。

私の理想、そして目標はN.U.の御二方やフロウズンの俊さん雅奥さんなどいわゆる新横系の方々のように、
あれこれ掛け持ちもしますが、基本『専業』でやっていく事なんです。

ですが現状はまだ生活手段を得る為に普通に仕事もしなくてはいけませんし、
ブーガルに出てくる方々は基本仕事もしながら音楽活動をされているというケースが多く、
そこらへん私さとうの置かれている状況に勝手になぞらえていたりもしました。

でもmaiam解散時の事とか、
cocorotronの活動規模縮小のいきさつも目の当たりにしているので
ブーガル界隈も綺麗事だけではない現実があるって事も分かっているつもりです。

橋口さん達との果たせなかった約束、
(もし『そうなったら』ブーガルでと考えてました…。)
『現実』を知り落ち込んでいた時こそ、表現者としての真価が問われるんだと思ったあの日、
古典芸能から引き継がれたものを今の音楽で表現出来る瞬間に立ち会えた日、
そして去年夏の木島裕さんツーマンライブでは清田哲平さんにも出逢えました。
そして私さとう初めてのカウントダウンライブこの前ですと荒井イサムさんと、
沢山のオンリーワンに出逢えました。
アメ珠ラックスサトウリュースケの御三方も無論その中のひとつです。

4/1以降もブーガルの急激な体勢の変化はないと見ますが、
おそらく今年の大晦日は…、ブーガルなのかもしくはどこか他の場所になるかもしれませんが、
サルパラの皆さんや、しょうたさんてっぺいさん橋口さん達と一緒に過ごして、
今年こそ来年(翌朝)まで飲み明かしてから、明神様に初詣に行きたいです。

3月末日の踊り場ソウル主催の送別イベントは地方在住故当然参加困難ですが、
気持ちだけでもブーガルにと考えています。

あらためてユーコ店長とタナカマネージャー、そしてcanaさんはじめスタッフの皆さん、
大切な場所と大切な人達に出逢えた事、この場にて感謝そして御礼させて頂きます!

本当にありがとうございました!

そして今後も私なりに皆さんの音楽と向き合っていたいと思いますので今後とも宜しく御願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。