プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと
音楽不況とか、色々言われてますが、
私も高校時楽器を手にした事があるのは以前もお伝えした通りですが

私の弟は実際にドラムパーカッションとしてそれなりに名の知れたハコで、
(あえて詳細は略しますがツイッターではリンク貼った事があるあそこです。)
実際にバンド仲間とチケットを売りステージにも上がった事もあるそうです。
(元々音楽的センスは希有のものがあり、高校受験時その筋では『野球よりもある意味看板な某私立校』からも誘いが来たほどです。諸事情あり立ち消えとなりましたが中学時は吹奏楽部所属で打楽器系担当でした。)
そんな弟も高校卒業を境に音楽とは一線を引き、今は『スーツを着てあちこち回って』ます。
去年の秋口、久しぶりに私と弟と母と三人で宮之鶴や百年の孤独、薩摩茶屋を酌み交わしながら
色々話したとき、弟はこんな事を言ったのです。

『今の世の中は音楽をそれほど必要としてないんじゃないの?』

真実はここにあったかなと思いました。
それこそ小室哲哉氏が全盛時に日経新聞最終面コラムで
『これは大衆音楽だから』と言って売り出してた音楽ってのが、
結局携帯電話等他のメディアにとって変わられる程度のものでしたなかったって事なんでしょう。
(小室氏の功罪は今までも色々なところで語られてますが、私的にはもうひとりの『TK』小林武史氏の功罪も語られて然るべきと考えます。)
アレな方々は事ある毎に色々スケープゴートを選定し叩きを行ってますが、
みんながみんなシェアだウィニーだなんてやってるわけなんて有り得ないのに何だかなぁって思います。
そうそう、『CD買おうぜ』なんて…、今更あんなプロパガンダ誰が考えたのやら。
元祖プロパガンダ極悪魔王のゲッヘルスだって地獄から駄目出しするでしょうね。

私さとう自身の目の前に起きている状況を見てますと、
代々木、渋谷、新横、町田、西川口とあちこちのライブハウスも、
ワンマンでも無い限り満員になった事あまり無いんですよね。

それこそ、素人同然(それ自体は仕方ないにせよ、観せようという精神を微塵も感じられない)のバンドもどきの群れをステージに上げたり、
言い方が悪いのは100も承知ですが、
女性受けのいいバンドばかりを『囲いこんで』いると言われざるを得ないハコもあります。

音楽不況も色々言われてますが、同人商業問わず漫画アニメだって、
今の音楽業界のようになりかねないという危惧が私さとうにはあるものでして…。
(色々騒がれている規制云々抜きにしていい加減飽きてくるんじゃないかって思えまして。)
今の一部主要版元のビジネスのやり方が15年くらい前、
小室哲哉氏や小林武史氏、デジタルアナログのダブルTKがやりたい放題していた頃に被るんですよね…。
だからこそ当ブログやアリユノ第二部の後書きなどでも言葉を選んでますが、
厳しい言い回しになってしまう訳なんです。

私がこれまで観てきたミュージシャンの中でも、
(私さとう、死んでも『アーティスト』などとは絶対に口にしません。)
音楽性の相違どうこうよりも経済的な現実的な理由でバンドの解散及び規模縮小、
メンバーの脱退等が相次ぐ現状でして…。

今はただ耐えるしかないのかなぁって、それしかないんでしょうかね。
流通や管理面でも今の旧態依然とした体勢が一新、いや瓦解するまでには
もう暫く時間がかかるでしょうし。

世の中に歌と音楽が本当の意味で必要とされるには、
担い手の皆さんはとにかく歌い、演奏し続けていくしかないんだろうなって思いますし、
私は魅力的なミュージシャンの皆さんをこの場にて紹介していくしかないのかなって思います。

『明日』、予定急変等無ければ突貫日帰り上京し、美樹生さん達を見届けてきます。
よくありがちな『関西系』ではない、彼等ラウドヴォイスにしかない『何か』がある、そう思ってます。
去年の5月西川口で知ってから1年も経ってませんが、もっと早く知りたかった…。
けどこれも運命?とかくこちらも客席で燃えさせてもらいますよ。
笑って泣いて、帰りのバスで思い出せるような、そんな『今夜』になれる事を信じようと思います。
月末のベイシスも参戦しようかな…。
って言いますか『自己的路』カラオケで歌えるようになるといいなぁ…。本当に大好きな曲です。特に2番の歌詞が秀逸!
(勿論それ以外の曲でもお気に入りは沢山ありますが…。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ