プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
道路向かいから歌舞伎座カウントダウン電光掲示板 『その日』はもうすぐやってきてしまいます…。
昨日歌舞伎座さよなら公演御名残四月大歌舞伎第一部に行ってきました。

おそらく27日夜まで毎晩繰り広げられているであろう
チケットWEB松竹の戻りチケットをめぐる壮絶なネット争奪戦を
渾身のクリックで制しまして、この日陣取る事になりました。
早速演目感想に行きましょう。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『御名残木挽闇爭』
一、御名残木挽闇爭(おなごりこびきのだんまり)
獅童丈が各家の御曹司達相手に格負けしてなかったように思えたのが収穫かなと思います。
歌舞伎でなくてもいいんでまずは舞台!それが獅童丈の進む道ではと。
芝雀丈三津五郎丈が場をまとめていたように思います。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『熊谷陣屋』
二、一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)
  熊谷陣屋(くまがいじんや)の場
無料放送日の歌舞伎チャンネルで何度か予習済みでしたが、
ライブでは観た事が一度も無く、観ておきたいと考えていた演目でした。
評判どおりの出来で、
当代播磨屋、吉右衛門丈の熊谷は『命を削る』姿そのものでした。
双眼鏡で何度か見た時に全身から出る汗が、
その凄まじさを物語っていたように思います。

ツイッターでも書きましたが、
初代播磨屋が遺した丸本物の『近代的解釈』には色々思う所あります。
丸本物、義太夫狂言ってのは、特に時代物に言えた話なんですが、
超展開の連続なんですよね…。
実は…だった、とか、突然現れる謎のキャラ(今回は白毫弥陀六実は平宗清が該当)とか、
それを『近代的解釈』で演じ過ぎてしまうと、
『合理的』で無くなってしまうのではないかって思えてしまうんです。

ですが、敦盛(この物語の中では後白河法皇の御落胤)の身替りとして、
息子小次郎直家を斬らねばならなかった、それを妻や主君の前で明らかにしなければならなかった
戦国武将の悲哀を演じきった当代播磨屋を今回は素直に受け止めたいと思います。
歌舞伎座正面入口展示演目紹介浮世絵より『連獅子』
三、連獅子(れんじし)
これも観ておきたかった演目。
特に、獅子になってからの中村屋親子三人の動きには戦慄すら覚えました。
第一部終了直後の歌舞伎座内
これにて私さとうの建替え前最後の最後の歌舞伎鑑賞が終わりました。

第二部のみの販売だったので断念していましたが、
葛きり売り場の方にもご挨拶。
売り場の方で歌舞伎座今回の一時閉館を機に離れる方が多いとの事で、
最後に握手してお別れしました。
今まで本当にありがとうございました。
私のような人間も覚えて頂き、本当に感謝致します。
解体工事案内板その1解体工事案内板その2
来月から早速解体工事が始まってしまうようで、
時間は確実に進んでいるんだなという思いを新たにしてまして、
私も『その先』へ進まなくちゃいけないなとあらためて思うようになっていました…。

さて、一旦都心安宿に入り渋谷、ヤマダ電機LABI渋谷店での
サームフリーライブに向かいましたが、これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ