プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
シアター711看板入口隣掲示板より
昨日も昼夜連戦だったんですが、
劇団イノセントスフィア公演を観てきました。
今回はイノセントスフィアのセカンドレーベル、(InnocentSphere extra(エクストラ)と題して、)
キャパ80未満の小さい劇場で「物語の力」をダイレクトに伝えるというコンセプトで行われました。

早速感想に行きましょう。
(以降はネタバレ含みますので…。)
「彼女の住む場所」

亡妻の49日法要を終えた主人公と2人の友人と…が繰り広げる物語でして、
最初そういう風に見えなかったんですが、途中から…と分かるようにした演出方法には『流石!』と唸らされました。

妻は幸せだったのかと迷う主人公と友人2人とのやりとり、
最終的にはお互いがお互いの事を想っていたという結末に
私さとうの心がホッとしたように思います。

「命の露」

やっつけ仕事で向かったはずのやさぐれ弁護士が、
偶然遭遇した思い出、憧れの先輩との遭遇により再審へ向け邁進していきますが、
最終的にはバットエンドになってしまった物語でした。
ですが私の中では『リアルエンド』の物語だと感じています。

人の心が映し出す『姿』、それをお互いに理解し合っているからこそ
先輩後輩の枠を、いや生死の枠、命をも超えた人の心の『誇り』、
そこにたどり着けたのではと思えたからです。

「0(ラブ)ゲーム」

送り手と受け手をめぐる(ラブ)ゲームのお話ですが、
自分も1次2次と創作に関わるものとして少々身につまされました…。
(物語での『ああいう形』でないにせよ実際にこういう事何度か起きてますからね…。)
確かに『客寄せ』的に捨て駒扱いのキャラが古今東西あまねく物語に存在することも事実ですし。
でも劇中話にせよあの3つの話を創れてしまうイノセントスフィア主催西森英行さんは、
私さとうの中では野田秀樹さん、三谷幸喜さん同様、『天才』のひとりとして認識しています。

「ムゲンノショウメイ」

夫を亡くした科学雑誌記者が夫の研究にたどりつくべく奔走する物語でした。
最初は研究に殉じたと思われた夫が最終的に妻への想いに殉じていたということが分かった結末に
1作目同様に心がホッとしたように思えました。

最初と最後がそれぞれ妻を亡くした夫、夫を亡くした妻という物語だったのが印象的で、
それぞれ(幽霊と過去の記憶から)お互いの気持ちを確かめ合ったところで終幕するのが印象に残りました。

終演後、2年前当ブログにも来場して頂いた事がある狩野和馬さんにご挨拶。
今回の感想と今後の事を伺いまして、来年の吉祥寺進出の事も教えて頂きました。
下北沢同様に演劇、そしてフォークソングの聖地でもある吉祥寺にイノセントスフィアが進出して、
どう足跡を残していくか注目したいと思います。
(この際西森さんも確認しましたが、次回色々お話伺いたいと考えています。)

今年も現時点でトップの出来でして、
よほどの事が無い限り2010年度も第一位確定かなと考えています。

先日の前進座に関しては、
特に現代劇において『リベラル・平和・反戦』のしばりがありますが、
(それゆえに昨今の離脱者が相次いでいる現状もあると思います。)
イノセントスフィアはタブーにあえて挑戦する姿勢をいつも感じてまして、
(今回は3話目の(0(ラブ)ゲーム)が該当します。)
これも私がイノセントスフィアに惹かれる理由のひとつです。

3年前、マッスルで『鶴見亜門』として出演している今林久弥さん目当てで行ったはずの『リュケイオン』、
終盤生徒の自殺を止めようとするシーンで大泣きしてしまってから
翌年の当代紀尾井町との共演その年末の「TOKYO GEKIDAN FES'08」参加作品
去年の狩野さん主演作品と可能な限り追いかけていますが、
これからも追いかけていこうと思います。

夜はコーチガリー結成10周年イベントに行きましたが、
これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。