プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
試合開始20分前
昨日、twitterでも実況してました通り、
いわきGスタでの巨人戦に行ってきました。
公式戦開催は初との事で、駅から球場までは大混雑でした。
普段20分前後が1時間10分かかりましたね。
こちらも試合前。嶋と赤松試合前わさわさとカープ選手がウォームアップに出てきました

試合開始1時間弱経過した時点で、
当ブログにて何度も紹介していますタケさんこと大竹則好さんと合流
2人で観戦となりました。
(タケさんとの組み合わせでは3年ぶり。)
さて、試合の方はと言いますと、正直竜虎相手なら負けていた試合でした。
中盤カープ優勢時この日猛打賞だった赤松選手
中盤の展開から、
ラミレス逆転2ラン直後
こうなることは予想してませんでしたし、
何よりも…、
ひっくりかえされる事を覚悟していました。
クルーンが三人で抑えるとは…。
カープ応援席 思ったより人少なかったですね。G選手勝利の挨拶
この日のお立ち台は当然ラミレス。
日本語挨拶の時は大盛り上がりでした。
球場の雰囲気もまるで私とタケさんが中高時代に見たG球団の地方遠征のようで、
私とタケさんは学年はひとつ違い。ミュージシャンで言いますとタケさんと俊さんが同学年で、
私はN.U.の庭瀬さん宇田さんと同学年ですが、タケさんと私は某大94年入学の同窓生です。(笑)
タケさんも口にしてましたが自分達も10代前後半の頃になった気分で観れてました。
懐かしい雰囲気がそこにありました。
天気も晴れすぎず雨も降らず、最高のナイター日和でした。
さしずめラミレスはクロマティだ、なんて事を言い合いながら…、
良い意味でノスタルジックな夜になってくれました。
ラミレス選手が場内一週後、球場内にはG球団応援歌、
『闘魂込めて』が流れ始めましたが…。
タケさんは歌詞カード無しで闘魂込めてを3番まで歌詞カード無しで歌える生粋のG党なんです。
(高校の頃まで群馬沼田から後楽園、東京ドームに通い詰めた猛者であられます。)
おそらく当ブログつながりですと緑戦士日本支社管理人の井上さんととてもウマが合うのではと思います…。

私さとう自身は『2004年』以降、
応援する特定のチームを持たない事にしていますので、
この日は10代の頃の気持ちに戻って、G党になってました。

タケさんと共に思いを巡らせていたのは、藤田監督の頃の巨人でしたね。
きっとこの試合、無論カープ側の自滅もありますが雲の上に居られるであろう藤田監督が勝たせてくれた、
いや藤田監督が球場の雰囲気と試合の雰囲気を作ってくれたのではと思うようにしています。
やはりこの日も外野(しかも一部分)だけ浮いてました…。
最後に、やはり『あの応援』について苦言を呈させて下さい。
地方でしたし、内野席は『シャン・シャン・シャンシャンシャン』のリズムが出来やすくなってましたし、
この期に及んでコール中心の応援は…、正直空気でした。
ペットを多用した応援歌中心でも良かったのではと。
タケさんもその辺については私と同意見でしたね。

試合後は渋滞が発生する最中二人で歩いて市街地中心部に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。