プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日の高田馬場club phase
昨日高田馬場club phase行ってきました。
目当ては藤田真琴さん(exリヒタースケール)。
去年5月の西川口以来1年と2ヶ月ぶりでして、
去年6月のリヒタースケール解散ライブに行けなかった事が心残りでした。
今回は日程も合い、念願のライブ参戦となりました。

早速感想に参りましょう。
トップバッターはunista
MCがすべり気味?でしたが、サウンド的には大好きな方です。
音源『モノクロ』サインも頂きました。
音源も購入しました。
これだからハコ通いはやめられませんね。

2バンド目はaqbi
登場テーマ(SE)を忘れてヘビメタっぽいBGMで入場したとの事で…。
こちらもすべり気味のトークでしたが、中盤の打ち込み無しの曲から
客席の雰囲気がしっかりしてきたように思います。
aqbi無料音源頂きました。
そしてMCでミナミアキヒロさんが、
『この夏、一緒に変わりましょう』と言われました。
私だけ何故か拍手してましたが…。
私もこの夏、変わりたいと思います。
baricang ステッカー
3バンド目はBARICANG
MCでVOノホリサチオさんがまわりくどいトークをして、
GUIのブーリー村松さんに突っ込まれるという展開と、
BASSイトウユウジさんの大ボケシーンもありましたが…。
そんなMCとは180度違ったアグレッシブな演奏もあり、
一粒で2度美味しい展開でした。
ML登録してサンプルCDも頂きました。
(ノホリサチオさんネタにしてたキカイダーハカイダーはリアルじゃないはず…。)

4バンド目は十三ジェッツ
良い意味でのごった煮サウンドでした。
そして元ラウドヴォイスの二人、GUIはるおさん、KEYぢゅんさん
私にとっては4月のベイシス以来でしたが、
変わらないハッスルぶりでしたのでひと安心でした。

5バンド目はchild egg
以前町田で観た事がありますがあれからドラム担当の交代などもあり、
山あり谷ありの道のりだったかと思いましたが、
ステージではVo&Bassトモヒロさん中心の世界が繰り広げられてました。
終演後音源『continue』も購入しまして、これから聴いてみようと思います。
そしてトモヒロさんはじめメンバーの演奏前と後、
客席内にアンケート用紙配布等積極的に展開している姿勢は好感が持てました。
またどこかで観れればと思います。

そしてトリは藤田真琴さん(とバンドサポートの皆さん)。

去年6月のリヒタースケールファイナルライブに行けなかったのがずっと心残りで、
どうしても観たいと思ってましたので念願叶ったステージでした。

アンコール最後の曲はリヒター時代から歌っていた、
『シナモンアフターヌーン』でした。

私もリヒター時代に2.3度聴いてましたし、好きな曲のひとつです。
アレンジもソロバンド形式になってかなり変わっていましたが、
『200km走れる靴より、未来を移す鏡よりも、あと一歩踏み出す勇気を僕にくれよ。』
この2番サビの部分は変わっていません。歌詞ですし当然といえば当然ですが…。

やはり私さとう自身にもさらに一歩、また一歩と踏み出す勇気が欲しいと思えますので、
この曲が大ラスに来たのは良かったと思えました。

終演後は来場されていたフロウズンスタッフあまのっちさん、
そして藤田さんにご挨拶。
色々お話伺ったら、なんと驚いたのは私さとうと同学年だった事です。
(藤田さんは1975年2月。私は同年1月)
藤田さん私より少し年下(例・富田雅奥さん77年生まれ)と思ってましたが、
お互い頑張りましょうと挨拶&握手して高田馬場を後にしました。

同年代の方がこういう形で表現者として取り組んでいるのは
私にとっても刺激になりますし、もっと頑張らねばと思います。
雅奥さんしんいちろうさん達の来月のSMショーファイナル@新横浜ベルズに
ゲスト出演しそうな感じだったので、これも当然楽しみにしたいと考えています。

さて、今までは夏コミに向け2次創作の文章手がけてましてひと区切りつき、
それぞれすくすくさんおみのさんにあらためて挿絵依頼したところですが、
今日明日とライブ漬けで過ごして
週明けからはAキッチン第二部の作成に入ります。
今度は私の番です!
いいもの見せて魅せますんで期待されている極々少数の皆さん、
こうご期待?
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。