プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
チューブラルーム筋書?
さてさて、コクーンシアターの昼公演後新宿に移動し、
ネットカフェで時間潰してからシアタートップスに向かい、
劇団双数姉妹公演、チューブラルームを観てきました。

客席入りましてステージ見た時に、巨大な円筒が。

『な、何だろう?』と思ってしまいましたが、
場面移動の際はその円筒がぐるぐる回り、
出演者はそこを歩く形式になっていました。

若くして窓際社員になってしまった元ラグビー部員
売れない作家とそのおしかけ女房とその妹
おしかけ女房の若き日の挫折?

この3つの物語が並行して進んでいく、そんな感じだったでしょうかね。
それぞれの設定は全てリンクされてましたし。

昼とはまた違った面白さ、小劇場の醍醐味を味わえたのかなと思います。

去年の正月、NHKBSで放送していました高橋孝治さん主演の舞台
『怒涛』の放映の際、スタジオトークで出演していたベテラン俳優の方が、
(名前失念してしまいました。後日調査の上追記します)
『中規模小規模の劇団は大劇団のやり方を知った上で、
それに対抗?するやり方をする』などと言ったような気がします。
(これも具体的にどう語ったか後日調査の上追記します)

まぁプロレス的に言いますと、
『メジャーの作法を知れ』と言った感じでは無いかと思いますけどね。
これは天龍選手がノア参戦時に
ドラゲーの選手達をセコンドとして随行させてた時に言ってた事ですが…。

『中規模小規模劇団の“やり方”』を垣間見たような気がしました。

変に肩入れせず、ニュートラルな気持ちで観る、
これは何事にも大事なのではないかと常々思っていますし。

公演後マッスルシリーズの鶴見亜門こと
今林久弥さんにご挨拶をしてから、
(3月の日記の際はわざわざ記して頂きましてこちらも感激しております。)
ありの先生のところに向かいました。
今後も今林さんと双数姉妹を可能な限り追いかけていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ