プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日の吉祥寺シャッフル看板
って事で先週土曜吉祥寺SHUFFLE行って来ました。
目当ては当然三輪美樹生さんでしたが、なるべく他の出演者も観るように心がけました。

って事で感想に行きましょう。
ユノなの魂カーテンコールの文章作成に手間取り、
早速ですがオープニングアクトの森大輔さんに間に合いませんでして、
到着時は片山遼さんが演奏していました。
片山さんギター一本でも世界観にブレ無しでして、来月以降出るらしい音源が楽しみです。
間慎太郎さん、メッシュ最高!?(本人の要望により?)
それはさておき、世代性別問わず無く聴ける音楽でしたし、
アマゾンでの販売実績もある人でしたが、
ヒシメキサイン
間慎太郎

スキヤキ 2008-11-26
売り上げランキング : 15807


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この日は小さい会場でしたし土曜夜の好条件でしたが満員ではありませんでした。
(無論間さんだけではありませんでしたが…。)
これも昨今の音楽不況を現す当たり前の現実なのかなと思いました。

BIGFISH(及川タクマ)さんは寄席や演芸場でも通用する?
落語協会や落語芸術協会所属と言っても通用するくらいの漫談モードと
マジ歌モードの差違が魅力的でした。
SOULJUNCTIONSは甘酸っぱいロックソングが魅力でした。
にじのわ
にじのわソウルジャンクションズ

グッドファクトリーレコード 2010-02-17
売り上げランキング : 217910

おすすめ平均 star
star元気をありがとう
star間違いない!
starソウルフル!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

されど、この日も純粋な聴き手として会場に居た男性は私含め2.3人…。
彼等ももっと多くの人に聴かれてもおかしくないのに…、と思いましたが
これもまた音楽不況を現す現実なのかなと思います。
ですが、一生懸命さも伝わってきました。
メンバー上京1周年記念の年末のワンマン、
終バス特攻なら可能なので検討する事とします。
三輪美樹生さん
そしてトリは美樹生さんでした。
セットリストは下記の通りです。
(美樹生さんブログより。)
どしゃぶりの雨のうた
スラッガー
夏空を仰げば
思い出ディスク
グットバイバイ!

印象に残ったのは新曲の『夏空を仰げば』、
私はラウド時代の『スクリーン』同様の世界観の曲かなと思いました。
『友との別れ』をベースにしているのかなと…。
こういう曲が聴けるので美樹生さんの出るハコにまた行こうと思えますね。

そして前回の渋谷で聴いた『この気持ちはあなたのものさ』、
この曲を聴いてて作品のインスピレーションが沸いて来ています。
1つ上の先輩に想いを寄せる後輩を主人公に、9月リリマジ10合わせで話を思い付いてます。
ヒントはリリマジ10同時開催同系統主催合同イベントの中のひと作品のとあるキャラです。
多分こういう形で話を作れるのは私だけかなと自負していますが…。
(一応期待してて下さい。)

話を戻しまして、この日は最初と最後が5人時代のアルバム、
メジロウシップからだったのも印象的でした。
終演後、美樹生さんにご挨拶、『夏空を仰げば』作品製作に関する話などを伺い、
会場を後にして東京駅に向かいました。

これでますます来月のベルズが楽しみになりました。
私もそれまでにテキストのストックをため込んでおこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ