プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
予告とは逆になりましたが先週金曜の記事を先にアップすることとさせて頂きます。
先週木曜のSMショーファイナル@ベルズは
じっくり書きたいものでして、今夜までには何とかします。
さて、SMショー終了後某所に入って身なりを整え、
この日の国立劇場大劇場入口看板その1この日の国立劇場大劇場入口看板その2
仮眠を取った後国立劇場大劇場第八回亀治郎の会に行って来ました。
チケットは一般発売後、即日とは言わないまでも数日で完売しまして、
歌舞伎、一般劇、映画ドラマと幅広く活躍しています、
亀治郎丈の人気の凄さをあらためて感じました。
パンフも買いました。
開演前に2500円でしたがパンフも購入。
早速演目感想に行きましょう。

1.猿之助四十八撰の内『義経千本桜』二幕  
  道行初音旅  清元連中
  川連法眼館の場
道行初音旅は歌舞伎座で2回観てきましたが、
狐忠信に一蹴されるザコキャラ軍団が出ない、
花道無し見栄での幕切れなど、猿之助一門系統の演出が印象的でした。
川連法眼館の場では、中盤は睡魔との戦いでしたが、
終盤の宙乗りまでの展開は圧巻でした。
そして亀治郎丈も公式パンフでふれてましたが、
静御前に芝雀丈、義経に染五郎丈が出演していたのも華を添えていましたね。
4日間の自主公演に幹部クラスの歌舞伎役者さんがひと肌脱いで頂いたのも、
亀治郎丈の魅力あってこそかなと思いました。

2.上州土産百両首
しっかり者の正太郎と、お世辞にもしっかり者とは言えない牙次郎、
幼なじみで兄弟分の二人の数奇かつ悲しい運命の物語でした。
元々は勝新太郎、藤山寛美のコンビで上演されていたものを、
亀治郎丈の伯父にあたる猿之助丈と勘九郎時代の勘三郎丈が上演し、
今回の公演となりました。

亀鶴丈扮する身ぐるみの三次の憎々しい悪役ぶりと、
牙次郎に扮した福士誠治さんの力演ぶりが好印象でした。
亀鶴丈、歌舞伎でも悪役が多いですし今後も役者道精進を期待します。
中村亀鶴という名跡は先代よりも大きな名前になると見ていますし。
そして福士さん、いつもTVドラマで演じているようなカッコいい役でもありませんでして、
本当に体当たりでしたが、気持ちは充分に伝わっていたように思います。
終演後のロビーにて 10月?当然行くに決まってるじゃないですか!(キリッ)
って事で終演、某所のお掃除の後、徒歩で八重洲口に向かい、
今回の東京遠征は幕となりました。
亀治郎の会の公式パンフ!
バス車内にてあらためて公式パンフ読んでみましたが…。
亀治郎丈のトンがりぶりに感嘆と畏敬の念を抱いてました。

毛色が270度異なると言っても良い、
体力的にも精神的にもハードな2つの演目で主役として
強烈な存在感を発揮していた亀治郎丈、
私さとうの中では『天才』と呼べる人達の中のひとりだと認識しています。

亀治郎の会、当然来年も、
そしてファイナルとなるであろう再来年も行きたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ