プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記
9月文楽公演筋書表紙
と言う事で夕方半蔵門に移動し9月文楽公演第二部を見てきました。
この日は初日タイムテーブル ちなみに第二部は平日含め全完売状態だとか。
早速感想に行きましょう。

1.勢州阿漕浦(せいしゅうあこぎがうら)
    阿漕浦の段
    平治住家の段

古典戯曲で良くもありがちな『実は…だった』の連続な超展開なお話。
今回も敵キャラのように見せかけて味方で、
身代わりになって捕らえられるというオチなお話、
切の場は御存知人間国宝竹本住大夫丈。
そんな敵キャラと見せかけて実は主人公平治の家来筋だったという、
治郎蔵を語る時の力強さが印象的でして、
第一人者の貫禄、これに尽きましたね。

2.桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
    石部宿屋の段
    六角堂の段
    帯屋の段
    道行朧の桂川

以前読んだことがあります住さんの本で、
文楽のこころを語る (文春文庫)
文楽のこころを語る (文春文庫)竹本 住大夫

文藝春秋 2009-01-09
売り上げランキング : 226483

おすすめ平均 star
starいちいちが腹に落ちる
star食わず嫌いの人はぜひ、読んでください
star本当の芸人さんの率直な芸談

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話としては退屈で、大夫の力量に左右されるような事を書かれてましたので、
確かにどうしようもない展開でしたが、
それでも期待してました切の場含め楽しめたように思います。

切の場は豊竹嶋大夫丈、
今回は全般的にコミカルなシーンが多かったんですが、
そんな状況でも真摯な姿に変わりはありませんでした。
今回も白湯汲みは呂勢大夫さんだったような…。

どんな状況でも真摯さを忘れない、
これは相当難しい事ですが私さとうも見習って行きたいと思います。

個人的には奥の場での嶋さんが見たかったかも…。
半蔵門駅ホームにて
終演後は半蔵門、
青山一丁目ホームにて
青山一丁目経由で代々木ブーガル、
春夏秋冬を観に行きましたがこれについては次項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ