プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと

91年の春、CXの深夜番組『19XX』で見た財津さんの姿は、
深夜番組等でプッシュされるも尻すぼみで終わりそうな気配を見せていた、
90年代初頭のポップソングに諦めの気持ちを抱いていた
私さとうにはとてつもなく強烈なものでした。

壮大な世界観と5人の演奏力にただただ言葉を失っていたのがつい昨日のようです。

でも、この曲は私にとって後に足かせともなってしまっていました。

“『青春の影』のように、お前は誰かを幸せにしたいんだろう”みたいな風に思われてしまい、
ゴミ収集車に投げこまれる可燃ゴミのようにしがらみの中に放り込まれてしまった事もありました。

違うんですよね。私の場合チューリップは、
2期(1980-85)の方が感情移入できましたし、
何よりも青春の影は心の旅でブレイクした事に始まった
姫野達也さん中心のアイドル路線から方向転換するための
ファンをふるいにかけた曲なんです。

そしてこれは財津さんの実体験でなく、空想の歌詞なんです。
実際に財津さんが入籍時に作成した歌は83年発表アルバムのHALOの最終曲
『愛を抱きしめて』なんですよね…。
この時もこの時で財津さん、
「『青春の影』を超えた名曲が出来た!」と言われてましたが、
元々シングルカットもしなかったので世間的な知名度はゼロに近いです。

話を戻しましてそんな『青春の影』、
財津さん達の思い入れが功を奏したか、
ミーハー路線の決別に成功しまして
息の長い音楽活動が出来るきっかけともなったようです。

この後、アルバム『僕が作った愛のうた』で再度“夢”を見せておいて、
翌年75年アルバム『無限軌道』で再度ファンをふるいにかけまして、
そこからアルバム『日本』『MELODY』へと続く初期シャ乱Qの世界観にも通じるリアル路線、
75年から79年に展開した第1期後期へと続いていく訳なんですが…。

そんな財津さん、タイトルがまだ思い出せませんが、
武田鉄矢さんが青春時代を回顧した自叙伝本でこんな事が書かれてまして、

財津さんがアマ時代のチューリップリハーサル時、
ミスをしたメンバーに『誰じゃ!コーラス間違えたとかば!』と言うや
海援隊含む他のバンドメンバーが居るにも関わらずいきなり往復ビンタしたり、
海援隊プロデビュー後チューリップと対バンだった時、
鉄矢さんが姫野さんの事をネタにしたMCをして笑いを取って演奏後、
財津さんに今後そういう事をしないようにとお願いされたこと、
真顔で「頼む」と言われた時の凄みが忘れられない、など、
鉄矢さんの本意外でも毎回ライブ後反省会と題して
お互いににあそこが悪い、ここが悪いと言い合いするなど、
財津さん、今も昔も基本いつもニコニコしている印象ですが
詳細を知る人から見るととても怖い印象だったんでしょうね。

おそらく博多フォーク末っ子世代の一人である長渕剛さんも
そんな財津さんを知っていたのではと思います。

このころの財津さんは事あるごとに『チューリップは演歌に勝ちたい』と言われてました。

確かに日本のロックポップスは演歌に勝ったと思いますし、
実際問題そうでしょう。ですが今、日本のロックポップスは、
あのときの演歌を笑える状況でも無いとも思えます。

世間の風向きのとおりに従わないと、
やれ、草食だ肉食だと蔑まれるご時勢。
『若者の…離れ』もそうですけど、
自分の周りが思い通りにならないからガキみたいにスネて、
スケープゴートを見つけてはそれを叩いて現実逃避、
それだけのように思えるのです。
そんな素地を作ってしまったのは、
もしかすると『青春の影』なのでないかと。

私さとう、自分の心の中のラスボスが何であるか最近分かってきたように思えます。

私は『青春の影』に勝ちたいです。勝ちたいですね。
財津さんがファンをふるいにかける為に作った『空想』に
公然と反旗をひるがえし、戦いを挑みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ