プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の新橋演舞場入口
って事で一昨日新橋演舞場秀山祭に行って来ました。
この日は中村歌六丈の後援会関係者の方にチケットを御願いしまして
歌舞伎でははじめての1階前列席でした。
早速感想に参りましょう。
演舞場入口演目紹介浮世絵より「月宴紅葉繍」
一、月宴紅葉繍(つきのうたげもみじのいろどり)
      
いわゆる業平小町ものの歌舞伎舞踊。
前列故に『見えてしまった部分』もありましたが、
これもこれで受け止めるようにしていました。
演舞場入口演目紹介浮世絵より「沼津」
二、伊賀越道中双六
  沼津(ぬまづ)

これまた歌舞伎では定番となっている沼津の場、
私は文楽で2度(2007年12月去年9月)観ていますしあらすじは分かっていましたが、
歌舞伎では必ずあります呉服屋十兵衛雲助平作が
1階客席に降りて客席をほぼ1周し花道経由で場面転換するサービスシーン、
1階前列でしたので当然あっぷり味わえました。
そして平作家の場面では歌六丈、歌昇丈の播磨屋復帰挨拶の口上があり、
呉服屋十兵衛に扮した吉右衛門丈、お米役の芝雀丈と共に4人での口上、
客席も暖かい雰囲気に包まれていました。
演舞場入口演目紹介浮世絵より「荒川の佐吉」
三、江戸絵両国八景
  荒川の佐吉(あらかわのさきち)

私さとうが歌舞伎にハマる決定打となったこの作品、
4年前の6月、同じ仁左衛門丈が扮する佐吉の姿、
筋書きで結末は分かっていましたが
最後に颯爽と去っていく佐吉の姿に、
自然と涙が流れていたのがつい昨日のように思い出されます。

男から見ても『こりゃ叶わない』、そう思わせる仁左衛門丈の姿、
リアルイケメンとは仁左衛門丈かなと思っています。
そういう意味では『お気に召すまま』で見た小栗、成宮両名を観たときもそう思いましたが…。

4年前同様佐吉弟分辰五郎を演じた染五郎丈、
筋書きで4年前も演じながら泣き通しだったとの事ですが、
前列で観ていて思ったのは今回も泣き通しだったのではと思いました。
佐吉の姿が『役を越えさせて』しまうのではと思います。

この後の幕間の際、歌六丈の後援会の方に手引き?して頂きまして
特別に歌六丈の楽屋を訪問させて頂きました。

千秋楽故ほんの数分でしたが、私さとうひさしぶりに固まってしまいました。
本当にカッコ良かった…。
この日も沼津では平作、荒川の佐吉では成川郷右衛門と
役柄の方向性は違いますがとても重みのある役を見事に演じきっておられました。
(しかも御存知の通り成川郷右衛門役は休演となった左団次丈の代役ですし。)

その存在感、
アメフトのポジションJETSで例えるならフルバックのバッキーリチャードソン選手か、
ラインバッカーのバートスコット選手かなと思います。
華やかな他の選手に目が行きがちですが、居ないとチームが機能しない、
歌六丈はそんな役者さんだと考えています。

まぁどさくさに紛れ挨拶替わりに私のオリジナル小説Aキッチン第一部第二部をお渡し出来たのでよしとしましょう。
(いいのか?)

歌六丈後援会関係者様、この場をお借りしましてあらためて御礼申し上げます。
来月から三階席メインに戻りますが、『ローマの休日』的な体験をさせて頂きました。
これも糧として創作活動に生かしていきたいと考えています。
演舞場入口演目紹介浮世絵より「寿梅鉢萬歳」
四、寿梅鉢萬歳(ことぶきうめばちまんざい)

藤十郎丈の歌舞伎舞踊、
『逆方向の都合上18歳の代名詞』でもあります山城屋さんでしたが、
ゆるやかなテンポなれどキレのある動きは健在、流石の存在感でした。

終演後歌六丈後援会関係者様に挨拶後、
私はラゾーナ川崎プラザソル、バチバチ39に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ