プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
プラザソル入口バチバチ案内板この日の対戦カード
って事で夜はバチバチでした。
オープニングは大ちゃん実弟イケダタクヤさんの「東へゆく」選手入場と開会式
早速感想に参りましょう。
大場対関根
■第1試合
○大場貴弘[風天]VS×関根龍一[K-DOJO]
(11分20秒 アキレス腱固め)
大場選手、第一試合モード?なのかいつものキャラ封印気味だったのが良かったです。
試合中に大場選手に『蹴ってこい!』と言われたように
関根選手には積極性が欲しいですね。
本田対大久保 試合前
■第2試合
本田多聞[Free]VS×大久保一樹[頑固プロレス]
(7分52秒 フロントネックロック→TKO)
大久保選手、本田選手の弱点である足に、
有効な打撃と間接技を行いましたが、
ネックロックで落とされた後の図。 客席から落とされていく瞬間を目の当たりにしてました…。
接近戦になると最終的にやられてしまいます。
もうちょっと工夫欲しかったかも。
木村さんとバラモン兄弟
■第3試合 ハンディキャップマッチ
○木村浩一郎[Free]VSバラモンシュウ[Free]&×バラモンケイ[Free]
(8分33秒 飛びつきクロスヒールホールド)
終盤のもたつきぶりが残念でした。
個人的には長井さん(この日は所属団体ドラディションに参戦)との
お仕置きが観たかったかも。

バチバチ、正直申しまして『プロレス的なもの』も当然存在しますが、
この試合ではそれが見えすぎてしまった点が気になりました。
木村さん、もうちょっと色々と整えて欲しいです。
強さ、巧さは誰もが認めるところですからね。

私的にはバチバチ、
ありがちな『最強』論議や『一番凄い』とか、
そういうものは全く求めてません。
例えばこの前リリマジ10で挨拶に伺いましたokapeさんのように、
格闘技をやっている人達からすれば、
バチバチは一体何をしているのかと思われても仕方無いとも考えています。

ですが私は大ちゃんはじめバチバチに関わる人達の誠実さ、真摯さに惹かれて、
交通費を惜しまずに何度も足を運んでいます。
プロレスは滅んでも、バチバチは続いて欲しいと思ってますし。
(そう言う意味ではK-DOJOもBJWも同様に考えています。)
って言いますか新宿百鬼夜行、総水商売化していく
プロレス界今の流れには興味も未練もありません。

休憩中はいつもの連敗街道でした…。
勝負運があまりない替わりに、
色々他の幸運が気付かないところであるんだと思うようにしています。
タッグマッチ 試合前真霜対橋(奥に見えるのが円華選手)
■第4試合 タッグマッチ
スルガマナブ[風天]&○橋 誠[Free]
    VS
真霜拳號[K-DOJO]&×円華[Free]
(16分51秒 ヘッドバット連打→TKO)
円華選手、この中では若干見劣りするかなと思ってましたが、
最後の展開は予想外でした。
積極的に討って出て打って出た橋選手、
キメの頭突き連打、最後の一撃は説得力大アリです。
ついにカラを破れるきっかけをつかんだかと思いましたが、
最終試合後の『汚名挽回』が待っていたとはこの時思いもしませんでした。
大ちゃん入場の巻大ちゃんと小野さん
■最終試合
池田大輔[風天]VS×小野武志[風天]
(4分27秒 抱え込み式腕固め)
最終試合、いきなりの全力前回になった二人、
あっという間の結末でしたが、濃密な4分半でした。
試合終了後、悔しがる小野さんの図
二人がバチバチに関わる全ての人たちに伝えたかった事は
『積極的になってほしい』という事なのかなと思いました。
時間が短くても皆満足してたように思えましたし。
小野さん挨拶の巻
この後、小野さんの挨拶で、
「皆さん、最近のバチバチ面白くないでしょう?一部の意識の低いレスラー、レベルの低いレスラー…」
と言い出すと、大ちゃんに止められて不満げに退場。
その後対戦を大ちゃんに直訴した大久保選手がそのままつっかかりリング上は大混乱に
この過程で木村さんが、『若い世代で軍団でも作ってかかって来い』
と挑発し、その中で橋選手に『どっちにつくんだ!』と振ったら
橋選手は…。

『じゃがりこタ-イム!』

客席一同

『えぇ~!』

の大合唱でして…。
やはり橋選手は橋選手でした。
橋さん、大場さんに大ラス「やっちゃう!」のレクチャーを受けるの巻
全終了後恒例の原色さんとの湘南電車バチバチトーク。

大久保選手は次回真価が問われる事、
前3試合は及第点、後2試合は大満足、な見解などをお話し、
某駅で散会、私は予約変更し一本前のバスに飛び乗って都心を後にしました。

フーテン以外の若手選手ですと、
日向寺選手はさておき、大久保選手も関根選手も積極性がもっとあれば
色々可能性も開けるはずですし。

次回は色々と見極める時かなと思います。
内容如何では11月と12月、
バチバチを観に行くか行かないかを決める事になると思います。
11月参戦する場合は京都遠征の帰路を早める必要がありますし、
12月はmomoの主催イベント@吉祥寺と被っています。
ライブハウスは基本ドリンク込みで2500円~3000円ですが、
バチバチは5000円からです。

5000円払う価値があるかを、
すぐるさん達を回避してまで行く意味と意義があるかを、
来月見極めたいと考えてます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

今回のメインはバチバチに対する明確なヒントを残したなぁ、と思います。
次回はこれがどこまで伝わってるか見ものですね。

Re: タイトルなし

> 今回のメインはバチバチに対する明確なヒントを残したなぁ、と思います。
> 次回はこれがどこまで伝わってるか見ものですね。

そうですね。それは私も感じました。
ブログ本記事でも書いた通り次回の内容次第では
バチバチ40が今年最後になる可能性もありますので、
バチバチ各員一層の奮起を求めます。
(若手に限らず今回は木村さんも含みます。)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ