プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
歌舞伎座正面より道路向かい側から。
さて、日曜日は昼の部に行ってきました。
昼の部は吉右衛門丈がペンネーム『松貫四』で、
構成・脚本した『閻魔と政頼』を紹介したいと考えています。
歌舞伎座正面演目案内浮世絵より『閻魔と政頼』
これは、大蔵流狂言の『政頼』を基本にして
吉右衛門丈が喜劇ベースの舞踊劇に仕立て上げたものです。

原作である『政頼』では、
著名な鷹匠の政頼が主君の鷹を無くした罪により
斬られて、あの世の閻魔庁で閻魔大王の前に引き出され、
鷹狩りの鷹匠ゆえ殺生を生業としていたので
地獄行きを宣告されそうになるも鷹狩りの素晴らしさ、
楽しさを語って聞かせ、感動した閻魔大王の許しを得て
現世に戻る、すなわち生き返る事に成功する、というオチでしたが、

吉右衛門丈はトンでもない展開にアレンジしてました。
まず、自らが扮する鷹匠政頼は、冨十郎丈扮する閻魔大王
歌六丈、歌昇丈兄弟が扮する赤鬼、青鬼に
現世での殺生の罪を問われるのですが、
『鳥獣を捕えたのは自分だが、殺したのは鷹だ』と言い逃れ、
原作では鷹狩りの様子を語って聞かせて許しを得るのを、
鷹狩りを行って、三途の川で迷う子鳥を捕えたものを
地獄の業火で焼いて赤鬼青鬼、閻魔大王に食べさせて
その美味に感動させて許しを得て、あげくに褒美を要求する、
ここから先はネタバレになりますので…。
鷹匠政頼が求めたその褒美とは、
閻魔大王が被るその冠だったのです。
その冠を外すと法力が消えてしまうので渋る閻魔大王に、
『何でも望みは叶えると言ったではありませぬか。』
『嘘つきは舌を抜かれるというではありませぬか』と追い討ちをかけ、
最終的には鷹を操って閻魔大王の冠を掠め取り、
法力を奪われ弱体化していく閻魔大王・赤鬼青鬼を尻目に、
意気揚々と現世に帰っていく、というオチでした。
ズル賢い人間の方が閻魔大王や赤鬼青鬼よりも…、という感じでしょうかね。

去年の『藤戸』よりも幾分デキは上?されど強烈なオチ、
歌舞伎座でこんなものが観れるとはと少々驚きでした。
先月の法界坊同様に、
吉右衛門丈の引き出しの多さに感銘を覚えました。

それではそれ以外の演目の感想を…。

妹背山婦女庭訓~小松原・花渡し・吉野川~

東洋版ロミオとジュリエットと言われる話でしたが、
梅玉丈、魁春丈兄弟扮する悲恋のふたり久我之助と雛鳥、
とても良く見えました。
あと4.5年経ったらまた観てみたい『カップリング』ですね。
変わり果てた娘の姿に死に化粧をするシーンは
藤十郎丈の上方演出へのこだわりを感じました。
まぁ話の設定は飛鳥時代なんですが、
登場人物全員江戸時代の格好ですし、
『こんな奴ぁいねぇよ!』って時々心の中でツッコミ入れてました。
設定で天智帝が蘇我入鹿に軟禁されていたりなど、
江戸時代のイケイケなノリで作成されましたから史実と違う点がありましたからね。

侠客春雨傘
(藤間斎初御目見)

本編自体はとても少なく、染五郎丈のご子息、
藤間斎くんの初お目見えに重点が置かれてたような気がします。
客席にピースサインとかしてましたね…。多分今だけでしょけど。

最後に、歌舞伎座道路向かいの専門店でついに買っちゃいました。
竹本住太夫丈の文楽巣浄瑠璃CD、『新版歌祭文 野崎村の段』
来月の国立劇場の演目の予習がてら、聴いていますが、
住太夫丈の義太夫節…やはり心にぐっと来ますね…。
個人的には豊竹嶋太夫丈のCDもあると嬉しいのですが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。